せどりの確定申告で経費に対してオススメの書籍

こんばんは、東京2週連続出張が終わりましたharaです。

今週末に戻ってまいりました。記事を書くのは2週間ぶりですね。

仕事が忙しくて記事更新ができずに申し訳ないです。^^;

 

 

ちなみに前回は東京出張なんて行きたくないよー!!

と、嘆いていたのですが、それでも東京に滞在という、

あまり普段出来ないことが出来ているわけですから、

それはそれ、これはこれで楽しんでおりました。(笑)

 

 

例えば、仲良くさせて頂いている、

東京のせどらーさんにお会いしたりとかですね

秋葉原や新宿の居酒屋で楽しくお話しておりました。^^;

 

 

しかし、共通の話題があると話が尽きないですね。^^;

会って話したと思ったら、アッと言う間に終電になります。(笑)

危うく終電を逃しそうになることも多々あり、

非常に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 

 

 

ちなみに今は納税関係の作業に追われております。

明日は有給休暇を頂きましたので、

納税準備として、お役所周りをする予定です。

 

 

また次回辺りに詳しく記事にする予定ですが、

一つは住民基本台帳カードというものの作成ですね。

 

 

これは何をするものか?

と、言いますと要はネットで税金を申告するe-taxという

システムを利用する際に必要になってきますので、

まずはこれを取得する予定です。

 

 

ちなみにe-taxを利用される場合は、

住民基本台帳カードに加え、

このようなICカードリーダーが必要になりますので、

ネットで確定申告を行われる場合は、予め用意しておいた方が良いと思います。

↓ ↓

P1000199

 

 

 

 

 

 

 

実は、あともう一つやることがあるのですが、

それはまた追々記事にさせて頂きますね!

 

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、本日のお題です。

前回の記事では税金の無申告に対する怖さを

記事にさせて頂きました。

 

 

念のために繰り返しますが、

税金の無申告というのは本当に辞めた方が良いです。

何せ、万が一税調査が入ってしまった場合に、

やりたい放題されてしまいますからね。

何せ、経費等を一切証明できないですからね。

 

 

もし、前回の記事をご覧になられていない場合は、

是非、見ておいてください。

↓ ↓

せどりの確定申告は無申告でバレる?バレない?

 

 

ちなみに税調査が入った時の何が一番怖いのか?

というと「重加算脱」というものが一番怖いです。

これ来ると一貫の終わりです。

 

 

では、どう怖いのか?

と、言いますと脱税した額に対して、

複利が乗ってしまうことです。

 

 

複利って分かりますよね?

放っておくと雪だるま式に金額が増えていってしまうアレです。

 

 

漫画で分かりやすく例えると、30万の借金を肩代わりした男が、

借金を返そうと思ったものの、実は月利20%の複利が14回重った結果、

30万の借金が385万円になって、

船の上でまさかのジャンケン大会をやるハメになった、最大の原因ですね。

(ざわ・・・ざわ・・・)

 

 

30万円の借金が385万円に膨れ上がってしまう、

恐ろしい複利というシステム。ガクガクブルブル。((((;゚Д゚))))

 

 

で、その複利重加算税の何が関連しているのか?

と、言いますと。

 

 

税務署に「お前税金これだけ申告してないだろ!」と、

指摘された金額というのは、払わなかった期間分、

複利が乗ってしまうんですよね。

 

 

重加算税にはキツイ複利が乗るんです。

具体的に言うと最大7年で、年間で最大で14.6%

 

 

更に重加算税は最大40%

追徴課税されてしまいますので・・・。

 

 

仮に100万円の脱税が無申告で発覚し、

重加算税が課せられたとなると、

100万円に更に40%が乗り、更に7年複利が乗ると、

363万円まで膨らみます。

(注:ざっくり計算です。本来は細かい計算が入り少なくはなります。)

 

 

100万円脱税すると、

最大で363万まで膨らんでしまう重加算税

 

 

まさにリアルカ○ジ状態になります。(ざわ・・・ざわ・・・。)

 

 

そして無申告帳簿等付けてないとなると、

前回記事もお話させて頂いた通り、経費が認められないため、

売上に対して喰らう可能性もありますね。

ガクガクブルブル。((((;゚Д゚))))

 

 

しかも、重加算税というのは犯罪扱いなので、

前科も付いてしまうというステキなオマケ付き♪

 

 

要は、脱税というのはこれぐらいの危険性があるという、

認識はしておいた方が良いです。

 

 

だから、絶対申告した方がいいですよ!

無申告は本当にもっての他ですからね。

 

 

 

と、ここまで机上で最悪の事態を想定して、

書いてきましたが、実際にこうなる可能性はほぼないはずです。

あくまで机上で計算したらそうなるよってだけの話ですし、

そもそも重加算税って相当悪い事をしないと課せられないですから。

 

 

ただ、無申告って悪い事ですから、

重加算税扱いにされる可能性はゼロではありません。

それに脱税行為の怖さというものは充分にお伝えできたと思います。

前科とか普通に付いてしまいますからね。^^;

 

 

ただ、ちゃんと確定申告しておけば、

そういった事態は防げるんですよね。

 

 

これだけ売上ありました、経費かかりました、利益でました。

だから、これだけ税金としてお納めします。

このように当たり前の事を当たり前にやっておけば、

上記のような事は発生しないんですよ。

 

 

ただ、税関係になると普段やっていないことをやることになるからか?

多くの方が警戒して凄い慎重になられてしまうんですよね。

 

 

例えば、本当は経費として計上してはいけないものを、

経費に計上してしまって、それを税務署に指摘されたら、

凄く重い追徴課税を掛けられてしまうのではないか?

と、心配してしまったりとかですね。

 

 

でも、そんな事はありえないんですよ!

何せ、こういった帳簿関係の付け方ってみんなバラバラですから、

自分は良いと思ったけど、税務所側からすると、

実はダメだったという認識違い普通にある話なんですよ。

 

 

高々、1万2万円程度の認識違いがあったとしても、

それが原因で凄く重い罪とか罰金とか被せられるとかはないですよ。

そんな事で逮捕とかされたら誰も事業なんて起こさなくなります!

 

 

だから、無申告ってのは本当に論外なんですけど、

凄く悪い言い方しますと、

やることやっていたら多少はいい加減でも許されるんですよ。

 

 

でも、それでも多くの方が心配してしまうのって、

税関係の解説サイトとか出版されている本が、

悪い意味でお硬い本ばっかりなんですよね。

 

 

■ここはこうやるべきです!

■こうしないといけません!

■ちゃんとやれ、厳格にやれ、きちっとしましょう!

■ちゃんとしないと痛い目を見るのは自分です。(キリッ)

 

 

とかね。

僕そういうのって嫌いなんですよ。

ちゃんと出来るならどこまでもちゃんとしましょうみたいなノリは。

元々自分が頭あんまり良くないというのもありますけど・・・。

 

 

だってめんどくさいじゃないですか!?

 

 

それに実際、重箱の隅をつつかれないぐらい、

丁寧に厳格にきちっとやった所で得られるものは少ないはずです。

 

 

せどりだってそうですよ?

購入してきた本は全て隅々まで綺麗にクリーニングした方が良いに決まってます。

でも、しませんよね?

 

 

本当に汚かったらクリーニングするけど、

あんまり汚くなかったら、クリーニングなんてしないはずです。

他の方は分かりませんが、少なくても僕はそう。

 

 

それは何故か?というと、

あんまり汚くない本をクリーニングする手間は割に合わないからです。

多くの方が実践していく内に、自分自身で作った基準と、

合理性にしたがって行動するハズです。

 

 

そして、あんまり汚くない本をクリーニングしなかったからといって、

クレームに発展することなんて、まずないはずです。

せどりの方はそれを知っているはずです。

 

 

話が少し脱線しましたが、税もそんな感じでOKなんですよ。

無申告だったり、所得隠しをしたり、経費をでっちあげたり、

そんな事をしなければ大事にはなりません、

やることやっておけ多少はいい加減でも大丈夫。

 

 

そんな事を伝えてくれる良書があるんですよ。

今日はそれをお伝えしたかったです。それがこの本です。

 

 

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

↓ ↓

 

 

きたみりゅうじ」さんという昔はITエンジニア

今はフリーライター&イラストレーターという

コン○ット越前(超失礼)みたいな経歴を持つ方が、

「確定申告」と「節税」について作成された本なのですが、

これが本当に良い本なんですよね。

 

 

特に経費の考え方とかは非常に参考になります。

 

 

例えばこの本だと経費はとりあえずドカドカ乗っけてしまえ!

仮に税調査が入って認められなかったとしても結果として節税になるよ!

別にそれが原因で大事になりゃしないよ!

って書かれているんですよね。

 

 

ダメって言われたら修正したらいいし、

ダメって言われるのを恐れて経費として計上しないのは勿体ない。

じゃあ、ドカドカ乗っけてしまえ、ダメって言われたらその時はその時。

 

 

みたいなノリです。

実践的で参考になりますよ。^^;

 

 

結構お遊びが入っている本なので、

「面白おかしく的なノリの対談形式」での進行と、

適度に挿入されてい「4コマ漫画」があり、

楽しく見れて、分かりやすいのがポイントです。

 

 

僕はこのような分かりやすく伝えてくれる本って好きなんですよ。

分かり辛い事を分かり辛く説明する本なんて不要と思ってますからね。

だから、めっちゃオススメ。

 

 

ただ、欠点を言うと本当に税関係に関して知識が無ければ、

この本の内容は理解できないと思いますから、

見なくて良いと思います。

 

 

実際、 僕、この本の著者の「きたみりゅうじ」さんって、

同じITエンジニアで、昔から知っていてファンだったので、

この人が出した本なら~というのでかなり昔に購入しましたけど・・・。

 

 

その時は「せどり」とかやってなかったから、

当然、帳簿関係の知識とか全く無かったので、全く意味不明でしたからね。^^;

 

 

実は、この本は2005年に出版されたものですが、

ずっとロングセラーで売れ続けているんですよね。

そして今の時期は旬ですからかなり売れてるみたいですね。

 

 

お近くの本屋さんにも並んでいると思いますので、

興味があれば立ち読みでもOKなので、

是非、確認してみてください。^^

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

関連記事

 

広告

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月3日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:確定申告

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. やつかさ より:

    こちらへコメントさせていただくのは久しぶりです、やつかさです。

    一昨年はせどり始めたばかりで利益が20万も行ってなかったので確定申告の必要は無かったのですが今度はさすがにそうも行きません。

    税金に関する無料レポートとか教材とか、あと会計ソフトなんかももっと早く入手していればな―、と今更ながら後悔しています^^;。

    紹介している書籍も、単純に読み物としても面白そうなのでいずれ読んでみるつもりです。

    ちなみに、私が読んだことのある税金の本はニコニコ動画に「へんたい東方」等の動画を投稿していた、まことじ先生の「のうぜい」です。

    やっぱりせどり開始前、単純にマンガとして楽しみたくて買ったものです。

    多少は税金の知識が付いたかもしれませんが、一番教えられたことは「分からなかったら税務署の職員に聞きましょう」でした(笑)。

  2. hara@三流プログラマ より:

    おお、やつかささん、ご無沙汰です!

    僕も一昨年はアフィ活動含めて赤だったのですが、今年は真っ黒くろすけなので、申告しないとですね。

    段々稼げるようになるとやることとか覚える事増えますよね。
    まぁ、少しづつ出来るようになるのがまた楽しいんですけどね。^^;

    「へんたい東方」は存じてますよ~。あれ面白いですよねw
    ツボでしたw

    ちょっと「のうぜい」にも興味が出てきました。
    個人的に購入してみようと思いますw


このページの先頭へ