商品検索とメール発信と

先日の日記に書きました、Amazonから価格差を調べて、

お宝が格安で売られていれば、その情報を自分宛の携帯電話にメールする。

と、いうソフトを開発してました。

しかも、月曜の午前2時~5時に・・・。

ちなみに今日は本業があります。(笑)

とりあえずサンプルでAmazonから商品を検索し、最低価格のデータを取得することと、

メールを自分宛に送信するというコードは記述できました。

あとは比較ロジックを記載すれば、出来上がり!

おもったより簡単につくれました。

さて、一眠りしましょう・・。Zzz・・・。

 

タグ

フルフィルメント(FBA)

夜中に起き出しています。

丑の刻にこんばんはharaです。

あ、別に藁人形に釘打ったりはしませんよ。(笑)

国際せどりのお勉強をしていたのですが、

その際に参考になる英文の本を注文しようとおもって、

Amazonに行ってみて、コレだ!

という本を決めました。

当然安い本の方が良いので、

中古の販売者から購入しようとおもって、

出品者一覧を見ていたら、

目に飛び込んでくるフルフィルメントセンターの送料無料。

あー、フルフィルメントからの発送だったら送料が要らないのかとおもいました。(今更)

そして消費者目線から考えたのですが。

1円 + 送料250円

251円 + 送料無料

どちらが安くおもえますか?

私は後者だとおもいました。

やっぱり魅力ですよね、送料無料。

そしてフルフィルメントセンターからの発送だと、

Amazonの箔がついちゃったりするので、

尚更安心感があるというか何というか・・・。

と、いうことは販売者目線からすると、

フルフィルメントに登録すると本だと通常価格に+250円増しで販売しても、

別に消費者から払う金額は同じですし、

付加価値として +Amazonの箔がついたり何かとオススメしてくれるので、

売れやすくなるのではないかとおもいました。

フルフィルメントの利用料金が1ヶ月で1立方メートル/7900円ですが、

7900 / 250 = 32 ?

月に32冊以上売れるのであれば、

フルフィルメントを利用したほうが良いということになるのではないでしょうか?

それに梱包、発送とかやってもらえますし・・・。

フルフィルメント契約は当分先になるとおもっていましたが、

この分だと契約はおもったより早くなるような気がします。

蛇足ですが、

フルフィルメント出品者の説明欄に

「アマゾンフルフィルメントセンターから発送になります。」

って記載されている文章を良くみるのですが、

一般の人からみたら

「フルフィルメントって何よ?」

ってことになるような気がしますが、

どうなのでしょうか?

 

タグ

2011年6月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり日記

人生初めてのブックオフのセールに行ってきました

今日せどりを初めて1ヶ月が経過しようとしている

初心者せどらーharaです。

こんばんは。

今日は人生で初めてブックオフのセールに行ってきたのでレポートを書きたいとおもいます。

ブックオフのセールに関しては事前に携帯会員のメールで知っている状態で、

雑誌や資格関係の棚が半額になるという情報を仕入れていました。

でも、そのメールみたときは「ふーん」としかおもっておらず、

いつも通り、10時ちょっとオーバーぐらいでそのブックオフにたどり着いたのですが・・・。

そこは戦場でした・・。

さぁ、せどるか~っておもって所定の場所にいったら、既に籠を満タンにした客が最初に目に付き、

まだ開店から10分しか経っていないのに籠を満タンにしている客を見て

「気合入ってるなぁ」

って、おもってたら

別の若いおねーさんが・・・。

携帯ピコピコ→本を0.5m先の籠にポイ→ドサッと重い音→

携帯ピコピコ→本を0.5m先の籠にポイ→ドサッと重い音→以降ループ

物凄い速さでした。

そこでおもったことは・・・。

「何だ?何が起こっているのだ・・・」

でした。

更に、その他見回してみると籠を満タンにした客が一人や二人どころじゃない、

少なく見積もっても20-30人ぐらい居ました。

どの客もピコピコしていて普通の客が全然いないし、もうその光景は異様としかおもえませんでした。

いつも通りに来ていつも通りの意気込みでやってきた私はその光景に粟を食ってしまい、

戦意喪失・・・。呆然としておりました。

そこでようやくここが戦場であることを理解しました。

そして私は戦場に赴く意志なく来た兵士。

ここが本当の戦場なら真っ先に射殺されているでしょうね。(笑)

 

タグ

2011年6月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり日記

このページの先頭へ