2011年のせどりを振り返って

今年のブログ更新はこの記事で最後になると思います。

こんな拙い文章である、

僕のブログをいつもお読み頂き本当にありがとうございます。

 

 

僕は2011年の5月23日よりせどりを開始しました。

せどりの眼を元に、最初の頃は自分なりに頑張ってきたつもりでしたが、

売上が10万程度で頭打ちになり思うように伸びないことに悩んでいました。

 

 

僕から言わせて頂くと、月10万の売上は稼いでいるとは言えません。

中にはそれでも稼いでいることには変わりはないと仰る方もいると思います。

それは否定しませんが、僕の認識では稼いでいるとは思っていません。

 

 

しかし、今月はかなり自分の中で変化がありまして、

まだ確定ではありませんが、

売上が30万行くか行かないかの辺りで推移しております。

 

↓↓証拠画像(2011/12/29 現在)↓↓

 

一時期は都内のブックオフを電車で駆けずり回り、

黒い袋に大量に入れられた薄利の本を両手にぶら下げながらも、

これが全部売れても利益ベースで5000~10000円といったような

効率の悪すぎる仕入れをしていました。

 

 

しかし、今月は電車にほとんど乗らず、

ご存知の通り二つのツールをリリースしましたので、

休日はツールの作成作業で、家に籠もりだったのにも関わらず、

売上ベースが先月よりグンと上がっています。

 

 

僕の中で起こった変化は二つです。

 

 

まず一つは好きなジャンルで稼ぐ事を決めたこと。

そしてもう一つは好きなジャンルで稼ぐためには

どうすればいいか研究するようになったことです。

 

 

そして月10万売り上げの頃より確実に作業量は減りましたし、

仕入れも出品も発送も楽しくなりました。

 

 

そして思ったことは、せどりは飽和がどうと言われていますが、

今でも全然稼げるという認識に変わりつつあります。

 

 

何故なら僕がせどりをはじめた頃は売上30万は雲の上の存在に思えましたが、

それが自分でも達成できたからです。

売り上げ10万→30万は間違いなく地続きできました。

 

 

そして稼ぎ続けるためには常に工夫をしていかねば、

ならないことも自覚しました。

 

 

これからせどりを始められる方や

僕と同じように伸び悩んでいる方に一つお伝えします。

 

 

無料レポートせどり教材を購入して始める方がほとんどであると思いますが、

ノウハウというものは教えて貰うものではなく自分で構築していくものです。

 

 

最初は無料レポートや教材の通りに実践してもいいと思います。

特に教材は内容が充実しているため、資金に余裕があるのであれば、

どれかを購入されることをオススメします。(オススメはステイブルせどり)

 

 

しかし、教材や無料レポートは所詮、他人のノウハウです。

ノウハウを作った人にとっては、最適なノウハウかもしれませんが、

それが自分に最適なノウハウかどうかは分かりません。

 

 

また、教材や無料レポートが無意味だとも思いません。

僕はいくつものせどり教材や無料レポートを読みましたが、

それは確実に僕の地力を上げています。

 

 

要するに自分にとって合っている部分を積極的に取り入れ

自分なりのノウハウを構築するのが大事なのではないでしょうか?

 

 

僕は他人のノウハウで合っている部分を取り入れ

かつ、好きなジャンルで稼ぐという事に決め、

今年の終盤あたりはそのように活動し、

運が良かったのもありますが、成果を出すことができました。

 

 

これをモットーに来年も活動していくことを宣言し、

今年のブログを締めたいと思います。

この考えに共感をして頂けると、僕はとても嬉しいです。

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

また来年も僕のブログを宜しくお願いいたします。^^

 

 

 

タグ

2011年12月29日 | コメント/トラックバック(13) |

カテゴリー:せどり成果報告

刈り取り君をリリースしました

以前から、公開のお約束をしておりました「刈り取り君」ですが、

ようやく完成しましたのでご連絡させて頂きます。

 

 

刈り取り君って何ぞや?

と、いう方はこちらに解説用のページを作成しました。

↓こちらをクリック↓

http://hara-g.net/karitorikun.html

 

 

せどりの良い所は仕入れをすればするほど、

確実に商品知識が蓄積されることです。

 

 

僕は2011年の5月よりせどりを開始したわけですが、

いくつもの高額商品を発見し、それは経験や知識として蓄積されています。

 

 

高額商品の知識はどんどん溜まります、

せどりをすればするほどに。

 

 

で、一度は考えてみたことないですか?

自分の知っている高額商品

Amazonで安値出品されていれば仕入れできるのに・・・。

 

 

って?

僕は考えました。

そして「刈り取り君」というツールを作成しました。

 

 

要するにAmazonから電脳せどりをするのであれば、

安値出品する出品者が出てくるまで、毎日相場をチェックすれば良い

と、いうことになりますよね?

 

 

本当は相場10000円なのに、5000円で出してきた出品者が現れた!

じゃあ、それを電脳せどりして売れば5000円の利益ですよね。

 

 

だったら毎日チェックすればいいんですよ。パソコン立ち上げて。

毎日Amazonの商品ページを見て、毎日出品者の情報をチェックしていけばいい。

 

 

自分が持っている高額商品情報が1個だけなら毎日1回。

2個だけなら毎日2回、10個なら毎日10回になりますね。

 

 

100個ならどうでしょう?

そうですね。100回になりますね。

 

 

じゃあ、1000個なら?

当然ですね。1000回です。

 

 

じゃあ、5000個なら?

あ、簡単でした?5000回ですね。

 

 

10000個だったら?

正解!10000回ですね。

 

 

じゃあ、チェックすればいいんですよ。

毎日10000回。

 

 

冗談で言ってないですよ。

10000個も調べたら1個ぐらいはあるでしょう。

まぁ、10000も高額商品を知っていればの話ですけど。

 

 

でも、この手法ですけれど普通に人力でやろうとすると大変ですよね?

普通はしませんし、やりません。

 

 

でも、そういった単調作業というのはツールが最も得意とする分野です。

ボタン一つで全部調べてくれます。

ボタンをポチッと押すと10000個の商品情報のデータの

取得や比較をする事は可能なわけです。

 

 

「刈り取り君」はAmazonでリスト全頭検索を行うツールとなります。

 

 

特典用のツールとなるため、

どなたにでもお配りさせて頂く事はできないのですが、

請求権ある方は絶対請求してくださいね!

 

 

刈り取り君の解説ページはこちらです。

興味があればご覧ください。^^

http://hara-g.net/karitorikun.html

 

 

 

タグ

2011年12月25日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:刈り取り君

同人ゲームが売れました

最近、同人ゲームを取り扱いはじめましたが、

ポツポツと売れ初めてきたのでご紹介しますね。

ちなみに、同人ゲームせどりに関する前回の記事はこちらです。

 

 

少しづつ取り扱いはじめて発見したことですが、

同人ゲームは爆発的に売り上げを伸ばせる!

 

 

と、言った類の商品ではありません。

ただ、ライバルが超少ないのと、常に一定の需要はあるので、

元々好きであるなら取り扱う選択肢に含めるのは充分アリだとおもいました。

 

 

同人ゲームの特徴は。

薄利+回転率そこそこ。

 

 

な、感じがします。

はっきり言って好きじゃなければ取り扱うに値しないレベルだとおもうのですが、

好きであれば取り扱う理由としては充分なんじゃないかな~っておもっています。

 

 

それに、ほとんど店側で価格対策されていませんからね。

同人ゲームせどらーとか全国に10人ぐらいしかいないんじゃないかな~。(笑)

秋葉原でも普通に仕入れ可能です。薄利でもいいなら結構あります。

 

 

まぁ、前置きはさておいて・・・。

では、本日売れた同人ゲームをご紹介します。

 

 

うみねこのなく頃に [第1話~第4話]

 

2480円で販売!

 

 

黄金夢想曲

 

1800円で販売!

 

 

ちなみに仕入れ値はゼロです。

私物ですから。(笑)

どちらも同じ「うみねこ」関連のゲームですね。

 

 

「うみねこのなく頃に」は同人ゲームが好きではなくとも、

こういったジャンルがお好きな方なら名前ぐらいはご存知でしょう。

ちなみにアニメ化もされています。

 

 

うみねこのなく頃にアニメ公式サイト

http://umineko.tv/web/main/index.html

 

 

まぁ、アニメは出来は・・・。

うん、微妙でしたね。1話見終わる前にテレビ消しました。(笑)

原作は凄く面白いんですけど。^^;

 

 

しかし、同人ゲームもやりようによっては

充分に利益が出せるジャンルだとおもいます。

同人ゲーム→同人CDと広げていけますし、ライバルほぼ皆無。

興味がありましたらオススメしますよ。^^

 

 

ちなみに、僕の知っている限りでは同人CDは1枚10万円付いているのあります。

流石に店側に対策されまくってて買うことは不可能ですが。(笑)

 

 

タグ

2011年12月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:こんな商品が売れました

このページの先頭へ