イメージを膨らませて売る

さて、前回の続きとなりますが・・・。

 

 

商品を高く売るための方法として、

自らが提示できる「価値」というものがあるのなら、

徹底的に出品文章に折り込んで、

魅力的な文章にしていきましょう。

 

 

そして、魅力的な出品文章を書くために、

必要な考え方をお伝えいたします。

 

 

と、言うお話で締めくくらせて頂いたので、

今日はその方法のお話となります。

 

 

まず、前回のメールでは出品文章で

「良い例」と「悪い例」を記載させて頂きました。

 

 

念のため、文章を再掲させて頂きますね。^^;

 

↓ ↓

 

■悪い例

商品はクリスタルパックに入れて包装しております。

注文後、24時間以内に迅速に発送させて頂きます。

 

 

■良い例

当店では商品一つ一つに対し、

クリスタルパックというOPP袋での包装を行った上で商品を保管しております。

そのため、商品保管時におけるキズ、痛み等の劣化対策、

更に発送の際の水濡れの防止等、

お客様にご満足して頂けるよう、万全の商品管理を徹底しております。

また、お客様に一早く商品を手にして頂けるよう、

24時間以内の発送を厳守しておりますのでご安心してお買い求めください。

 

 

と、いった出品文章でした。

 

 

では、この「良い例」と「悪い例」の

「違い」というものをお話させて頂きますね。

 

 

では、その「違い」というものは何なのか?

と、いいますと。

 

 

基本的に抑えるポイントは一つだけになりまして・・・。

 

 

・商品の状態を良さが、イメージできる文章を書く

 

 

と、いう方法を取るだけです。

 

 

例えば、悪い例の出品文章を見ていても、

あまり頭の中でイメージって膨らまないと思うんです。

 

 

しかし、良い例の方は

頭の中で商品が丁寧に扱われている様子がイメージできますよね?

 

 

商品が丁寧に袋に包まれて、キズ等から保護される。

輸送中に雨濡れしない、そして早く届く!

それを、頭の中でイメージとして再生されるように丁寧に構築していく。

 

 

これが出品文章を書く上で非常に大事なことですね。^^;

このようにお客さんが安心して購入して頂けるように工夫をして、

丁寧に、そしてなるべく高く販売していく。

こういう事が大事なのではないかな?

って、思います。

 

 

僕は前々回の記事で、

僕たちが商品を販売するのは人間です。

ロボットに商品を売ってるわけではないからです。

 

 

と、言うお話をさせて頂きましたが、

僕たちが商品を販売するのは、

れっきとした人間の方になるのですから・・・。

 

 

「ケース:キズなし  CD:キズなし  ライナー:良好  帯:あり」

 

 

のような、

無機質な文章よりは・・・。

 

 

ちゃんと商品の状態、梱包、発送方法等を

イメージさせてあげて、安心して購入頂ける「価値」というものを

提供していけばいい!

 

 

と、僕は思うんですね。

 

 

あ、最初に申し上げておきますが、

当たり前ですけども、商品の悪い所は隠しちゃダメです。

悪い所はサラッと書きつつ、

良い所はドンドン推して行くというのが、

ポイントになります。

 

 

ただ、問題点としては

質の高い出品文章を書きわけるのって、

手作業でやると辛いと思います。

 

 

毎回毎回丁寧に出品文章を書いていくと、

当然効率が悪くなりますからね。^^;

 

 

しかし、それは僕のご用意させて頂いた

出品文章作成ツールをお使い頂ければ、

効率はアップしますので、是非、お使いください。^^

 

 

クリックするだけで丁寧な出品文章を構築できますから、

今までご紹介させて頂いた長い文章も、

特に不自由なく記載していくことが可能ですし、

きちんとした誠意ある文章は実際に安値出品者を差し置いて

高く商品を販売していくことが可能です。

 

 

手前味噌ですが、僕は出品時に必ずこのツールを使っておりますし、

出品代行業者様にも現役でご利用頂いているツールです。

 

 

興味がございましたら、以下のサイトをご覧ください。

 

↓ ↓

 

 

出品文章作成ツール (無料版) [本のみ]

Amazon Condition Creator

↓ ↓

http://hara-g.net/info/accmm/

 

 

出品文章作成ツール [CD・DVD等各種メディア対応版]

Amazon Condition Creator Full

↓ ↓

http://hara-g.net/info/accfy/

 

 

さて、今回で出品文章に関連する記事は終了となります、

ここまでご覧頂きましてありがとうございました!。

 

 

 

タグ

商品を高く売るためにはメリットを提示する

さて、前回のお話の続きとなりますが・・・。

 

 

僕は出品文章をちゃんと書けば、

高く売ることは簡単です。

しかし、商品の状態を正確に記載するだけでは、

ちゃんと出品文章を書いているとは言えない。

 

 

と、言うお話をさせて頂きました。

 

 

では、今日はその説明をさせて頂きますね。^^

 

 

その前に、

まずは何故出品文章を書くのか?

と、言う理由をおさらいしておきましょう。

 

 

それは・・・。

 

 

・商品の状態を正確に書いて、納得して頂いた上で購入頂きたい

・クレームや低評価を付けられるのを防ぎたい

 

 

大体、

このような理由ではないでしょうか?

 

 

では、上記の理由を考慮して出品文章を書いたとすれば、

以下の例のような出品文章となると思います。

 

 

■例1

CDやケースにキズがありません。ライナーは良好です。帯付き。

 

■例2

ケース:キズなし  CD:キズなし  ライナー:良好  帯:あり

 

 

出品文章に良くみられる内容ですね。

商品の事実を正確に書いて、お客様に誤解を招かないようにしている。

 

 

一見、何の問題も無いように見える出品文章ですね。

しかし、この出品文章には一つ問題点があるんです。

 

 

それは・・・。

 

 

・事実しか書いていない

 

 

ことです。

 

 

最初に申し上げておきますが、

当然、このような出品文章は書かないより書いた方がいいです。

 

 

しかし、僕が言いたいのは

商品の事実を書くだけだと

出品文章としては「弱い」ということです。

 

 

要するに他の要素も出品文章に盛り込む必要があるんですね。

それは何なのか?と言いますと・・・。

 

 

・提供できる「価値」をいかに魅力的に伝えるか?

 

 

これが必要になってくるんです。

 

 

これは本当に重要なことなんですよ。

僕は絶対に意識しておかなければならないことだと思っています。

 

 

では、そんな価値を伝えると言っても、

実際にどのように記述すれば良いか?

それを例として書いてみました。

良い例と悪い例があります。

 

 

■例1

商品はクリスタルパックに入れて包装しております。

注文後、24時間以内に迅速に発送させて頂きます。

 

 

■例2

当店では商品一つ一つに対し、

クリスタルパックというOPP袋での包装を行った上で商品を保管しております。

そのため、商品保管時におけるキズ、痛み等の劣化対策、

更に発送の際の水濡れの防止等、

お客様にご満足して頂けるよう、商品管理を徹底しております。

また、お客様に一早く商品を手にして頂けるよう、

24時間以内の発送を厳守しておりますのでご安心してお買い求めください。

 

 

と、このような感じになります。

いかがですか?

 

 

さてさて、この2つの出品文章を見比べて頂いて、

どちらの出品文章から商品を購入したいと思われましたか?

 

 

僕は当然ですが後者の出品文章になります。

まぁ流石に前者と答える方はいらっしゃらないと思いますが・・・。

 

 

要は、前者の出品文章と後者の出品文章と見比べて、

後者が選ばれる可能性が非常に高いんですね。

 

 

ちなみに今回の例のポイントは、

どちらもクリスタルパックによる包装と

発送方法の事実を書いただけです。

 

 

要はどちらも、

やっていることに何も違いはない。

 

 

ただ、事実を書いた。

それだけです。

 

 

しかし、同じ事実を書き連ねたとしても、

書き方一つでこんなにも印象が変わるものなんです。

 

 

先ほど・・・。

 

 

・提供できる価値をいかに魅力的に伝えるか?

 

 

が、重要とお話させて頂きましたが、

後者の出品文には提供できる価値

ちゃんと伝えるようにしているんですね。

 

 

その伝えている価値は・・・。

 

 

・高い品質をお届けすること

・24時間以内の発送で素早くお届けすること

 

 

になります。

それを具体的に記載した形となります。

 

 

要は出品文章には・・・。

 

 

・お客さんが自分の店から購入して頂くためのメリットを提示してあげる

 

 

これが必要になってきます。

 

 

もし、商品に特典物がある場合は、

同様に特典が添付している旨を魅力的に伝えてあげて、

自分の店から買って貰えるように伝える必要があるんです。

 

 

ただ、黙っているだけでは伝わりません。

もし、仮にクリスタルパックを導入しているにも関わらず、

クリスタルパックを使っていることを伝えないのはもったいないです。

 

 

そして使っているのであれば、

それを可能な限り魅力的な文章にしていきましょう。

 

 

一番ダメなことは、

自分が売っている商品も

ライバルが売っている商品も同じモノだから、

自分の商品がライバルの商品より優れているわけがない、

仮に優れていても、少しだけ商品の状態が綺麗なだけであって、

結局は同じものだから差別化しようがない。

 

 

と、思う事です。

こう考えるのは簡単です。

しかし、それは非常に勿体ないです。

 

 

提示できる価値というものがあるのなら、

徹底的に出品文章に折り込んで魅力的な文章にしていきましょう!!

 

 

それでは次回は出品文章を魅力的に書くために、

必要な考え方をお話させて頂きますね。

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

 

次回記事はこちらでアップしました。

↓ ↓

3回目:イメージを膨らませて売る

 

 

関連記事

当記事は全3回の続きモノとなっております。

各回のリンクはこちらからどうぞ。^^

↓ ↓

1回目:出品文章で5倍高く売るための方法

2回目:商品を高く売るためにはメリットを提示する

3回目:イメージを膨らませて売る

 

 

 

タグ

出品文章で5倍高く売るための方法

今日は商品を高く売る方法について解説をさせて頂きたいと思います。

 

 

その前に高く売るために僕のせどりのスタイルについて、

少しご説明をさせて頂きますが、

僕は「せどり」で最安値が250円の商品だったとしても、

それを1000円~2000円の価格帯で販売するといった、

方法を非常に得意としております。

 

 

例えば例を挙げさせて頂くとこのような商品ですね。

ちょっと画像が小さくて申し訳ござませんが。。^^;

(一応、クリックで拡大可能です。)

↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、同商品のAmazonのページはこちらです。

↓ ↓

 

 

このCDは僕自身がブックオフで250円で購入してきましたが、

最安値が575円(販売時の最安値)にも関わらず、

2480円で販売することができたんですね。

僕はこれを「高値売り」と名付けています。

 

 

ちなみに僕はCDをせどる時は、

なるべくこの「高値売り」というものを意識しています。

 

 

何故なら、僕は薄利多売が嫌いだからですね。^^;

 

 

そして何故薄利多売が嫌いか?と、言いますと、

せどりで商品を売るのは

非常に沢山のプロセスを必要とするからです。

 

 

たった一つの商品を売るだけでも、

クリーニングしたり、シールをはがしたり、

出品したり、梱包したり、発送したり。

 

 

これだけの作業を必要とします。

でも、そこまでやって50円とか100円の利益って、

はっきりいってやってて「虚しい!」って思ったのが始まりです。

 

 

と、言いますのも僕も実際に50円や100円でも利益になるなら、

一生懸命販売していた時期もあったんですが、

数を繰りかえす内に、だんだんバカらしくなってきたんですね。

 

 

10冊売ってたった1000円じゃないか!!

って。^^;

 

 

だから僕はそこから考えました。

 

 

・どうすれば商品を高く売ることができるのか?

・どうすればライバルより僕の商品を選んで貰う事ができるのか?

・どうすれば少ない労力で利益を上げることができるのか?

 

 

その結果、僕が辿り着いた結論が「高値売り」というわけです。

 

 

「高値売り」が出来るようになると

「せどり」の幅がとても広がります。

 

 

何故なら「最安値の価格」=「仕入れ価格」だとしても、

お構いなしに仕入れていくことが出来ますから、

ライバルが絶対に仕入れない商品

ガンガン仕入れることができるんですね。

 

 

そこでいつも最安値で販売されている方には、

ここで疑問を持たれるかもしれません。

 

 

何故最安値よりかなり高く売れるんだろう?

 

 

と。

 

 

その疑問に対する答えになりますが、

ご自身の消費生活を思い出して頂きたいのですが・・・。

 

 

いつもいつも最安値の商品ばかりを買う訳がありませんよね?

 

 

例えばアイスになりますけど、

いつもはスーパーカップだけど、

今日はちょっぴり贅沢してハーゲンダッツにしよう!!

 

 

って、ハーゲンダッツを買う事もあるはずですよね?

ちなみに僕はハーゲンダッツが大好きです。^^

 

 

ですから、僕はそんなハーゲンダッツを見習ってと言えば、

変な例えなりますが、安さを「ウリ」にするのではなく、

」で売る方法をせどりに応用しただけなんですね。

 

 

ちなみにその方法は実際どうやるのか?

と、言うと別に裏技でも何でもありません。

 

 

・要は出品文章をちゃんと書く

 

 

これだけなんですよね。

これをキッチリやっておけば高く売ることは可能です。

 

 

ただ、一つ注意して頂きたいのは・・・。

 

 

・商品の状態を正確に記載する

 

 

という出品文章の書き方ではダメです。

 

 

僕から言わせるとそれは

出品文章をちゃんと書いているとは言わないんですね。

 

 

何故なら、僕たちが商品を販売する相手は人間だからで、

ロボットに商品を売ってるわけではないからですね。

そこを理解すると高値で販売するのは簡単だと言えます。

 

 

では、実際にどういった風に出品文章を記載すればいいのか?

それは次回に説明させて頂きますね。

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

 

次回記事はこちらでアップしました。

↓ ↓

2回目:商品を高く売るためにはメリットを提示する

 

 

関連記事

当記事は全3回の続きモノとなっております。

各回のリンクはこちらからどうぞ。^^

↓ ↓

1回目:出品文章で5倍高く売るための方法

2回目:商品を高く売るためにはメリットを提示する

3回目:イメージを膨らませて売る

 

 

 

タグ

2012年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ポイント

このページの先頭へ