ブックオフの250円棚や500円棚からせどる方法

こんな商品が売れました。

 

Kanon 6 [DVD]

 

 

 

 

500円→1980円で販売

 

 

京アニ版のKanonのDVDです。^^;

京アニ版のKanonはファンも納得の出来ですね。

 

 

主題歌に「Last regrets」、エンディングに「風の辿り着く場所」を採用。

アニメの本編中にも原作の曲をそのまま使用し、

違和感なく演出の一部に加えられてるのが非常に良いですね。

 

 

キャラも京アニですからゴリゴリ良く動きます。

アゴKanonとは一体何だったのか・・・?

 

 

ちなみに、Kanonのシナリオで誰が面白かった?

って聞くと大体は真琴って帰ってくることが多いですね。^^;

しかし、キャラ人気はダントツで最下位だという。

僕は真琴が好きなんですけどね。^^;

 

 

本編

僕は普段から価格改定ツールは使わない方がいい!

無闇やたらに最安値で売るのは良くない!!

 

 

と、口を酸っぱくして申し上げていますが、

最近、価格改定ツールを使うのを辞めたらスランプが脱出できました!

と言う内容のメールを頂いて非常に嬉しく思いました。^^

 

 

正直、僕が広めて行きたい考え方ってコレですからね。

共感して頂いた方がいらっしゃってるだけで、

情報発信してきた甲斐があるというものです。^^

 

 

大体、価格改定で常に最安値更新での販売なんて愚の骨頂です。

最安値にするとライバルも最安値に合わせてきて、

値下げ合戦が繰り広げられ、値下がりが止まりませんからね。

 

 

その結果、数を売らないと利益が出なかったり、

忙しい割には儲からなかったりとか、

負のスパイラルに陥ります。

 

 

それに仕入れる時にも同じことが言えますが、

最安値に捕らわれているのは良くありません。

それに、最安値しか見ないんだったらビームに負けますから・・・。^^;

 

 

例えば、冒頭で挙げさせて頂いた、

KanonDVDですが、

アレも最安値って500円ぐらいなんですよね。

でも、僕の1980円という価格の出品でもちゃんと売れるわけです。

 

 

別に、僕は何か特別な事をやったとか、

裏ワザを使ったとか、そういうわけでは全然無くて、

ちゃんと買ってくれるお客さん目線で出品しているだけなんですよね。

 

 

・ちゃんと商品を欲しい人がいるか?

・商品を欲しい人は何を求めているのか?

・どの価格帯なら購入して貰えるのか?

 

 

を、自分の頭で考えて

仕入れ出品を繰り返しているだけです。

何も特別な方法は使っておりません。^^;

 

 

たまたまじゃないの?

って、思われるかもしれませんので、他にも例を挙げさせて頂きますと・・・。

 

 

天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎

 

 

 

 

 

500円→1980円で販売。

 

 

とか・・・。

 

 

十兵衛ちゃん 放映地区 ― オリジナル・サウンドトラック 

 

 

 

 

 

250円→1680円で販売

 

 

とかですね。^^;

もちろん他にもたくさんありますよ。

 

 

これらの商品の最安値を見て頂いたら分かりますが、

最安値しか見ていなければ、

今回例として挙げた商品はいずれも仕入れ不可能な商品です。^^;

 

 

実際、細かい所としてどういう所を見てるのか?

というのは、こちらのツールの特典として付けさせて頂いてます。

↓ ↓

http://hara-g.net/accf.html

 

 

ちなみに今回、

例として挙げさせて頂いた商品の仕入れ場所は

どれもブックオフの250円棚500円棚になりますが・・・。

 

 

この視点を持てば、

別にブックオフに限らずとも色んな店から仕入れ可能になります。

 

 

これからのせどりで生き残っていくためには、

最安値合戦お互い消耗戦になるよりかは、

こうやってお客さんのニーズに合わせて、

少しでも高く販売していく方法の方がよっぽど安定すると思うんですよね。

 

 

最安値販売の回転率勝負は、

はっきりいってキツいです・・・。

 

 

よっぽど時間のある人なら利益出せると思いますが、

僕のように副業である場合はその方法だと

利益を出していくのは難しいというのが僕の考えです。^^;

 

 

少ない販売数最大限に利益を出す。

これが僕のせどりスタイルですね。

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

関連記事

 

広告

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月9日 | コメント/トラックバック(4) |

カテゴリー:ポイント

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. いつもお世話になっております。

    実際、最安値合戦はうんざりします。
    本の場合だと、価格改定ソフトを使われている方が多いので、
    どうしても価格競争に巻き込まれやすいような気がします。

    私の場合、回転系商品と位置づけているものは、
    積極的にカートを獲りに行きますが、
    少しでも利益をとりたい商品の場合は、
    コレクターの方に向かってコメントで訴求します。

    実際、最安値より 2,000 円以上高くつけていても、
    売れるときは売れるんですよね。

    しかし、ホビー製品を扱っていてよく商品がかぶる方々は、
    基本的に空気を読める人たちなので、
    価格競争になることはあまりないです。^^;

    ホビーで安定されている方々は、
    自分が何故ホビーメインでやっているかを
    よく理解されているような気がします。

    • hara より:

      聖帝さん

      こんばんは!^^
      haraです。
      いつもお世話になっております。

      嫌ですよね。最安値合戦。
      まぁ、刈り取りしやすくなるようにはなりますから、
      あながち悪いことだらけではないと思いますが・・・。

      Hobbyは僕も取り扱ってますが、
      価格改定ってあんまりされないイメージあります。

      僕はアニメとかアニメCDとかやりますが、
      新品に関しては空気読める人が多いですね。^^;
      極端に安くなってくれると刈り取りもしやすいのですが~。^^;

  2. やつかさ より:

    こんばんは、やつかさです。

    私もCDやDVDの扱いが多くなったり、FBA出品で最安値より高く売れることが増えたため、むやみに最安値にする必要はないと感じるようになりました。

    価格最適化ソフトは使用しているものの、最安値出品者(大手中古品店のAmazon出品が多いですね)のコメント等見るとどう考えても最安値に合わせる必要がないので、ほとんどの場合最適化の下限価格を設定したり、価格最適化無しの設定にして出品してます。最適化の頻度もかなり減って来ました。

    どんなものが最安値に合わせる必要が無いかがわかると、ブックオフやTSUTAYAで仕入れ可能なものが見つけやすいし、Amazonでの狩り取りもどんどん出来ますね(^^♪。

    • hara より:

      やつかささん

      こんばんは!^^
      いつもお世話になっております。

      ブログかなり綺麗になりましたね~。
      プロフィールもなかなかGoodです!

      どんどん加筆修正されると良いですよ!
      僕は4回ぐらい書き直してますからね。^^;
      書き直してアレかよ!って感じですが・・。
      しかし何気にかなり年上の方だったんですね。^^;

      そうなんですよね。
      FBAの恩恵って最安値じゃなくても、
      全然売れるというのが強いです。

      ある程度自分にリストが出来てくると、
      最安値じゃなくても売れるものリストが出来てくると、
      仕入れの幅が広がりますね!


このページの先頭へ