無在庫販売業者と価格勝負する必要は全くない

最近文章量が多いので今日は少な目の更新。^^;

 

 

今日は少し何だかなぁ・・・。

と、思ったことを紹介させて頂きます。

 

 

まぁ、コレなんですが・・・。

良く見て頂けると分かりますが、新品出品が2つしかありません。

↓  ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最安値の人って俗に言う「無在庫販売」って奴でしょうね。

自分で在庫を持たず、注文が入ったら発送というアレですね。

しかも、発送は海外から。

 

 

僕個人の意見としては、無在庫販売がそもそもどうなの?

と、言う話はするつもりはありませんが、

問題なのは次点の自己発送の人ですね。

 

 

見事に価格競争しまくってます。

全く意味の無い価格競争ですよねコレ?

 

 

はっきりいって海外発送と価格競争する必要は全くありません。

 

 

何故なら、海外発送業者は怪しいし、到着遅いからですね。

下手すると納品まで2週間とか言うケースもあったりするそうです。^^;

 

 

しかも、この商品。アニメのDVDなんですよね。

海外からの発送だとすると、下手すると英語版とか送られかねません。

(流石に無いと思いたいですが・・・。)

 

 

まぁ、この自己発送の人は

する必要のない競争をしているということですね。^^;

まぁ、これも価格改定ツールのデメリットでしょう。

 

 

僕は無在庫販売している業者と

価格で張り合ってる出品者からは普通に電脳せどりしますけどね。^^;

こういう点を考慮して電脳せどりされるのも一つの手ではないでしょうか?

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

 

 

 

タグ

2012年7月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:価格改定

意味不明な価格設定と価格競争について一言

こんな商品が売れました。

 

[同人PCソフト]魔理沙と6つのキノコ [CD-ROM]

 

600円→2150円で販売。

 

 

黄昏フロンティアの同人ゲームです。

ちなみにマリオのオマージュ作品ですね。

非常に人気のある同人ゲームサークルで、

僕はここの作品が好きでいつもコミケ後に買ってます。

 

 

ちなみにここのサークルで発売している同人ゲームで・・・。

グリーフシンドロームという、ゲームがあるのですが・・・。

↓  ↓

http://www.tasofro.net/mdk/

 

 

ガチンコプレミア付いているゲームですので、

見つけたら是非仕入れてあげてください。

 

 

ちなみに僕は自分用に1つ所持しているのですが・・・。

 

 

売りません!!(笑)

 

 

買った時はここまでプレミアが付くとは思ってませんでしたからね。

値段調べてビビりましたけど。(笑)

 

 

本題

今日は価格設定について、僕の意見を述べさせて頂きたいと思います。

 

 

これはあくまで僕個人の意見ですから、

参考程度に留めておいて頂ければ幸いです。

 

 

まぁ、いつもの僕の大好きな価格改定ツールへの噛み付きですけど。(笑)

 

 

まず、ずっと前から僕は言っておりますが・・・。

僕は価格改定ツールを導入しておりません

 

 

ですから、出品する際の価格は最初に決定した値段から、

なかなか変わることはありません。

(基本的に変更する時は手動で設定しています。)

 

 

そして、僕が価格を設定する際には、

大体4つのパターンに分けて、価格を設定してます。

それは大体以下の通りです。

 

 

・定価にする。(新品)

・下二桁を00にする。(1200円、1300円など)

・98を意識する。(498円、980円、2980円など)

・上記が無理なら80円を意識する。(1080円、1280円など)

 

 

大体、以上が僕の価格設定となります。

いつもの「これが売れました~」も、

大体そんな感じの売値になってると思います。

(今日のは違いますけど・・・。)

 

 

別に基本的に変わった価格設定をしているわけではありませんが、

日本人にとって非常に馴染みのある数字で価格設定しています。

 

 

大体、良く設定するのは98を付けるですね。

1980円に設定すると、ほぼ2000円なのに安く見えるというアレです。

どこでも採用されている価格設定ですね。^^;

 

 

で、何でこんな事を書いたのかと言いますと・・・。

ヘンな価格をつけるとお客さんに怪しいと思われることがある。

と、いう事が言いたいんですね。

 

 

例えば、良く目につくのは、1円出品ですね。

僕はせどりで最大の愚行はこの1円出品だと思っております。

 

 

古本屋とかであれば、まだしも、

まさか、せどりで1円出品をされている方

いらっしゃいませんよね・・・?

 

 

送料含めて1円+250円の入金だけど、

仕入れ値105円手数料送料がかかって、利益は数十円とか、

 

 

それ何かのギャグですか?

って感じです。

 

 

それに、

1円って何?意味わかんない!

 

 

って思いませんか?

 

 

「何で1円で出品されているの?」

「もしかして、非常に粗悪なものでも売っているの?」

 

 

って、思われても不思議ではありません。

 

 

何故なら、一般の方1円

利益が出る仕組みを知りませんもの・・・。

 

 

あとは、1126円とか457円とかですね。

結構適当に数字例を挙げてますが・・・。

 

 

こういう価格はせどらーから見ると。

価格改定ツールを使って価格競争しているんだな?

って分かりますけど・・・。

 

 

やはり一般の方から見ると、

怪しいところもあるんじゃないですかね?

 

 

だって意味分からないですよ。457円とか。

何を基準に価格を設定しているんですか?

って聞きたくなります。

 

 

それに、実際の店で買い物している時に、

そんな価格設定見たことありませんからね。

オークションサイトならまだ分かりますが・・・。

 

 

あと、「え~?」って思ったのは444円とかありましたね。(死死死ですよ。)

 

 

まぁ、価格改定ツールは1円単位で競争しちゃいますから、

自然とそうなってしまいますけどね。

 

 

価格改定ツールを導入する云々は

スタイルに寄ると思いますから使うなとは申しませんが・・・。

僕の意見を言わせていただくなら・・・。

 

 

そもそも、せどりっていわゆる大体の方が個人ですよね?

 

 

僕は、ただの個人が物販の大手である、

Amazonで価格競争を仕掛けること自体がおかしなことだと思ってます。

 

 

だって、薄利多売って大手が最も得意とすることでしょう?

逆に薄利多売が一番苦手なのって個人ですよ。

 

 

それなのに、

一番、薄利多売を苦手とするはずの個人が、

価格競争を仕掛けている。

これって非常におかしなことだと思うんですけどね。

 

 

だから僕はもっと個人の良さ

生かした方がいいと思っているんですよね。

自分の得意分野で勝負するのは当然ですから・・・。

 

 

じゃあ、個人の良さって何?

って言いますと小回りが利くことじゃないでしょうか?

大手には真似できない方法も、個人であれば取ることができるはずですね。

 

 

まぁ、僕も色々と模索中ですけどね・・・。

気が付いたことは特典レポート等にさせて頂いておりますがけども。^^;

 

 

あと、僕がせどりはじめて間もないころに、

驚きの価格で売れた記事がありますので、

宜しければどうぞ。

 

 

文章を書きなれていない時期に書いたやつなので、

かなりアレですが・・・。(笑)

しかも自己発送やってた時期ですね。いやはや懐かしい。^^;

 

 

「価格改定ツールの最安値設定は本当に必要なのか?」

↓  ↓

http://hara-g.net/info/kakakukaite/

 

 

上記記事はコメント欄も参考になりますよ。^^

僕が駆け出しの頃の自然な葛藤ですから。(笑)

価格改定ツール使った方がいいのかな~って思っていた頃ですし。

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

 

業務連絡

秋葉原せどりレポート沢山の方に手にして頂きました。

ありがとうございます。

本日いっぱいを持ちまして配布の方を終了させて頂きます。

 

 

ちなみに配布先のURLの配信を停止させて頂くだけですから、

レポート自体のダウンロードサイトは当分残しておきます。

 

 

このレポートの再配布につきましては、

また、いずれ行うかもしれませんが・・・。

 

 

その際は今よりは高額だったり、

取得条件をより厳しくさせて頂く予定ですので、

よろしくお願いいたします。m(_   _)m

 

 

 

タグ

2012年5月11日 | コメント/トラックバック(6) |

カテゴリー:価格改定

価格改定ツール不要説を唱えてみる

こんな商品が売れました。

 

桜庭統ライブ2006-VALKYRIE PROFILE2-

 

500円→2280円で販売

 

 

桜庭統は普通に重要キーワードですね。

ゲームミュージックが好きな人で桜庭統を知らないとかありえません。

それぐらい有名で人気のあるアーティストです。^^;

 

 

曲が凄い特徴的なので聞いたら一発であ~桜庭さんだなと分かります。

桜庭節とか言われてます。

 

 

一番好きな曲は未確認神闘シンドロームですね。

ヴァルキリープロファイルの代名詞的な曲ではないでしょうか。

 

 

ヴァルキリープロファイルは有名ですから曲名知らなくても、

聞いたことある人多いと思います。

是非、久しぶりに聞いて懐かしさに浸ってみましょう。^^

 

 

Youtubeリンク

↓  ↓

http://hara-g.net/info/sindoro/

 

 

本題

今日は価格改定ツールは不要!!

と、言うお話。

 

 

せどらーさんの間で価格改定ツールについては

色々と議論されることも多いです。

 

 

ちなみに僕は価格改定ツールは使わない。

と、去年の10月から主張し、継続していて、

今も価格改定ツールを使っていません。

 

 

そして価格改定ツールを使わずとも成果は上げております。

 

 

で、昨日は、

価格改定ツールについて思考を巡らせてみたのですが・・・。

 

 

もう、他のせどらーさんが何と言おうが、

僕は価格改定ツールは完全否定することに決めました。

 

 

価格改定ツールを使うと、利益は減りますし、

数多く商品を仕入れないといけないですし、

正直言ってしんどいです。

 

 

そして、価格改定ツールの一番嫌な事は、

状態の悪い商品状態の良い商品みんな同じように扱われてしまうことですね。

それが一番許せないところです。

 

 

僕は最低価格が180円の商品を2980円で売ったことがありますし、

最低価格が250円の商品を1280円で売ったこともあります。

 

 

ちなみに、最安値が180円の商品を2980円で売った時の記事はこちらです。

↓  ↓

http://hara-g.net/info/kakaku/

 

 

当時はまだせどり経験が浅かったので、

売れた瞬間は不思議で何で180円で買えるものを

わざわざ2980円も出して買うんだろう?

 

 

と、不思議に思っていましたし、

後々文句付けられるのではないか?と、思ってました。

 

 

でも、今なら売れた理由は分かります。

何故なら、購入者は価格だけを見て商品を買うわけではないからです。

 

 

あなたがしっかり検品した帯付きで、CDにキズもなく歌詞カードも綺麗な商品。

そして購入者に信頼して貰うための誠実性のある出品文章で出品した商品と。

適当に検品してる様がコメントにありありと出ている形で出品されている商品を。

 

 

価格改定ツールを使って、

 

 

同列に並べる意味はあるのですか?

 

 

と、言うことを今日は主張します。

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

 

タグ

2012年2月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:価格改定

このページの先頭へ