同人ゲームをせどりしてみた

先日は、とあるジャンルのせどりを行っていました。

と、言いますのもコレ実際やるとどうなるんだろう?

と、おもって実際調べてみたんですね。

 

 

で、実際せどってきたもの。

 

 

 

 

 

 

 

もっといけるかな?と、おもったけど、全然ですね~。><

そして多分利益でない。(爆)

 

 

で、コレはなんじゃい?

と、いいますと。同人ゲームです。(笑)

我ながら、何でこんなものをせどりしようとおもったのか・・・。

 

 

それはAmazonでふと、そういえば同人ゲームって出品できるのかな?

って、おもって検索かけてみたんですよ・・・。

 

 

そしたらあるーーーー!!!ってなって。

じゃあ、やるしかない!!と、実際やってみました。

 

 

と、いうわけで、

せどってきた同人ゲームをご紹介。

 

 

MEGAMARI メガマリ -魔理沙の野望-

仕入れ値:400円

最低価格:1600円

多分、800円ぐらいは利益が取れるとおもいます。

 

こんなもの売れるの?っておもう人いるかもですが、

これは間違いなく売れます。(キッパリ)

同人ゲームでは有名所の黄昏フロンティアというサークルの作品で、

その中でも比較的人気のある作品です。

代表作に東方非想天則というゲームが一番人気ですね。^^

 

 

ボン・メイリン

仕入値:200円

最低価格:2365円(確か定価は2000円だったような・・・)

 

D.N.A Softwareという同人サークルのゲームです。

知名度はそれほど高くはないです。

売れるかどうかはかなり疑問・・・。

東方幻想麻雀というゲームが一番人気です。

 

 

小鳩ヶ丘高校女子ぐろー部 Gleam of Force

仕入値:100円

最低価格:1500円

 

フランスパンという同人サークルのゲームです。

このサークルは今はフランスパンというサークル名ですが、

前の名称は渡辺製作所というサークル名でした。

 

代表作はメルティブラッドというゲームで、

これはゲームセンターに置かれているゲームなので、

知っている人は結構多いのではないでしょうか?

 

ちなみに、この「小鳩ヶ丘高校女子ぐろー部」という

ゲームは無名もいいとこです。売れるかどうかかなり怪しい・・・。(笑)

 

 

まとめ

今回は微妙だったんですけど、

同人ゲームをせどるメリットって結構あるとおもうんですね。^^;

 

 

まず、ライバルが居ない。

 

 

当たり前ですが、ライバルが少ないですね。^^;

同人ゲームの知識があって、かつせどらーなんてどんだけレアなんだよ!

って、感じです。ミュウツーぐらいのレアクラスでしょう。

 

 

あと、せどりしていて楽しい

 

 

私、かなり同人ゲームオタクなんですよね。^^;

リサーチが苦にならない、棚を見ていて楽しい、そしてライバル少ない。

メリットだらけです。うん、同人ゲームせどり最高。

「同人ゲーム せどり」で検索かけてHITしなかったし。(笑)

 

 

デメリットは、同人ゲームって基本的に普通のゲームより定価が安いです。

相場が1本1500円~3000円程度。

そしてプレミア付いているのなんてあんまりないでしょう。

 

 

あと、同人ゲームにはバーコードがありません。

これはデメリットというか私にとってはメリットですね。

 

 

商品知識なくてもビームすれば取れますから、

しかし、同人ゲームは基本的自費出版だから、ISBNやバーコードがありません。

サーチしようとすると、ワード入力しかありません。

普通の人は膨大な意味不明な商品、そしてサーチに時間がかかる

どうみても参入障壁高いです。(笑)

 

 

ちょっと、しばらくこのジャンル掘り下げてみようとおもいます。^^

 

 

 

タグ

2011年11月21日 | コメント/トラックバック(9) |

カテゴリー:ジャンル別

このページの先頭へ