同人ゲームが売れました

最近、同人ゲームを取り扱いはじめましたが、

ポツポツと売れ初めてきたのでご紹介しますね。

ちなみに、同人ゲームせどりに関する前回の記事はこちらです。

 

 

少しづつ取り扱いはじめて発見したことですが、

同人ゲームは爆発的に売り上げを伸ばせる!

 

 

と、言った類の商品ではありません。

ただ、ライバルが超少ないのと、常に一定の需要はあるので、

元々好きであるなら取り扱う選択肢に含めるのは充分アリだとおもいました。

 

 

同人ゲームの特徴は。

薄利+回転率そこそこ。

 

 

な、感じがします。

はっきり言って好きじゃなければ取り扱うに値しないレベルだとおもうのですが、

好きであれば取り扱う理由としては充分なんじゃないかな~っておもっています。

 

 

それに、ほとんど店側で価格対策されていませんからね。

同人ゲームせどらーとか全国に10人ぐらいしかいないんじゃないかな~。(笑)

秋葉原でも普通に仕入れ可能です。薄利でもいいなら結構あります。

 

 

まぁ、前置きはさておいて・・・。

では、本日売れた同人ゲームをご紹介します。

 

 

うみねこのなく頃に [第1話~第4話]

 

2480円で販売!

 

 

黄金夢想曲

 

1800円で販売!

 

 

ちなみに仕入れ値はゼロです。

私物ですから。(笑)

どちらも同じ「うみねこ」関連のゲームですね。

 

 

「うみねこのなく頃に」は同人ゲームが好きではなくとも、

こういったジャンルがお好きな方なら名前ぐらいはご存知でしょう。

ちなみにアニメ化もされています。

 

 

うみねこのなく頃にアニメ公式サイト

http://umineko.tv/web/main/index.html

 

 

まぁ、アニメは出来は・・・。

うん、微妙でしたね。1話見終わる前にテレビ消しました。(笑)

原作は凄く面白いんですけど。^^;

 

 

しかし、同人ゲームもやりようによっては

充分に利益が出せるジャンルだとおもいます。

同人ゲーム→同人CDと広げていけますし、ライバルほぼ皆無。

興味がありましたらオススメしますよ。^^

 

 

ちなみに、僕の知っている限りでは同人CDは1枚10万円付いているのあります。

流石に店側に対策されまくってて買うことは不可能ですが。(笑)

 

 

タグ

2011年12月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:こんな商品が売れました

フィギュアがはじめて売れました

昨日、仕入れたフィギュアが初めて売れました。

 

 

クイーンズブレイドからリスティさんです。

って、こんなネタ分かる人いるのか??(笑)

 

 

 

 

 

仕入れ値:4980円→13983円

Amazonの手数料を省いても6000円は利益ありました。

 

 

造型師が司淳さんとか言う人みたいですが、

この単語でリサーチしましたけど、どれも結構値段してますね。^^;

 

 

フィギュアって本当に売れるのか?

と、若干疑心暗鬼でしたが、これで少し自信はついた感じですね。

 

タグ

バンドスコア THE BACK HORN/ヘッドフォンチルドレン

先日、売れました。

バンドスコアです。

 

500円→6236円

 

 

・Wikipediaから転載

http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_BACK_HORN

 

1998年4月に菅波栄純が専門学校在籍中に他のメンバーへ
声を掛けたことによりバンド結成。結成当初は「魚雷」という名前だった。

鋭角的な口語を用いた退廃的な歌詞に、
アグレッシヴで破壊的なサウンドが特徴
(アコースティックなサウンドやストリングスを導入した楽曲もある)。

戦争、平和、孤独、死、愛、生、つながりなどのヘヴィーなテーマが多く、
ほぼ全ての楽曲の歌詞に日本語を用い、
タイトルも主に日本語表記(ひらがな、カタカナ、漢字)を用いる。

メジャー5thシングル「未来」が映画「アカルイミライ」、
メジャー4thアルバム収録「奇跡」が映画「ZOO」、
ベストアルバム収録「刃」が映画「魁!!男塾」、
メジャー19thシングル「閉ざされた世界」が
「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」と

多数の映画の主題歌にもなり、映画「アカルイミライ」の監督・黒沢清は
「THE BACK HORNの曲がなければこれほどの映画にはならなかった」

と語っている。

2005年には台湾・スペインでもライブ活動を行い海外進出を果たす。

—————- 以上。転載終わり。

へー。

てっきり、洋楽のバンドスコアかなとおもって仕入れましたが、

思いっきり日本のアーティストじゃないですか。

 

結構、漫画関係のタイアップが結構あるみたいですね。

 

タグ

このページの先頭へ