オススメの研磨機、SIMO-R1をせどり用に購入しました。

こんな商品が売れました。

 

瀬戸の花嫁 第玖巻

980円→4400円で販売

 

 

瀬戸の花嫁のDVDです。

シュリンク破れが酷かったため、新品ではなく中古品での出品でしたが、

ようやく売れてくれました。

 

 

この作品、何回か売ってるのですが、

さっき初めて出版元がエニックスというか

ガンガンということを初めてしりました。^^;

 

 

そして、単行本の最終巻付近が何故かプレ値化していることも

初めて知りました。(2012/11/4現在)

レビューにかなりアツいコメントが・・。

↓ ↓

 

 

漫画せどりする際に

頭の片隅にでもおいておけば良いかもですね。^^;

 

 

本題

さて、今日はディスクせどりで稼ぐなら必須と呼ばれている、

アイツに関して記事にしたいと思います。

まぁ、もうこの時点でネタバレ臭が酷いですが。(笑)

 

 

え~、事の発端は先日仕入れ作業を行っていたのですが、

何と、950円→15800円というお宝DVDを見つけたんですよ!

ブックオフのアニメ棚のプロパーの所からですね。^^;

 

 

久しぶりにアツい商品仕入れたわ~。

って、凄く気分良くなって、更にその店で他にも何点か見繕って、

大体、15000円分ぐらい購入しました。

 

 

で、意気揚々と帰宅した後に、

いの一番にそのDVDを検品してみたら・・・。

 

 

なんじゃこりゃー!!!(松田○作風に)

 

 

なんということでしょう!(ビ○ォアー○フター風に)

お宝DVDは指紋がベッタベタにつきまくって、

盤面が完全に曇りきっている状態で、

更に、細かい傷が散らばっているという悲惨な状況ではありませんか!

 

 

・・・。

 

 

流石にちょっと落胆しました。「せどりあるある」ですけどね。

お宝商品に限ってキズがついている。

良くある話ですが、今回はかなりガッカリしました。

 

 

僕は基本的に品質で売ることを心がけていますから、

このお宝DVDを検品した時に、以下のような事を考えたんです。

 

 

お宝DVDなんてものを欲しがる人たちは状態気にするよね?

せっかく高いお金を出して購入するモノがキズモノなんて絶対嫌だよね? 

商品を売る側で何とか出来るなら何とかしたいよね?

 

 

って。

 

 

品質に拘るやつが何で今の今まで研磨機導入してないんだ!

って、ツッコミが来そうですが・・・。

 

 

正直に言うとやっぱり面倒臭かったんです。

研磨という作業を今の業務に組み込む事が。

 

 

それに、研磨って結構面倒臭いって聞いてますし。

 

 

でも、やっぱりせどりをしていて、

どうやってもキズモノの商品を避ける事は不可能ですし、

今後、もっと商品を高く売っていくためにも、

流石にいい加減に買った方がいいよね?って、思いました。

 

 

それにプレミアDVD研磨したいですしね、研磨。

 

 

と、いうわけで散々悩んだのですが、

ようやく我が家にディスク研磨機SIMO-R1がやってきました。ヽ(*´∀`)ノ

↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パカッと蓋を開けるとこんな感じにアイテムが詰まってます。

↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小道具が多くて散らばりそうなので、このように収納しました。

セイバーさんのデッキケースを少し細工しました。(笑)

↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、いくら研磨をすることが億劫だったとはいえ、

やっぱり、新しい機械がやってくるとテンションあがります。

基本的にこういう、普段やらない変わったことをやる事って好きですから。^^;

 

 

今日が初使用だったため、

しばし、取り扱い説明書を熟読していたのですが、

どうも、この説明書に書いてあることを、

そのまま正直に実行すると物凄く面倒そうな気がしました。

 

 

やっぱり研磨もそれなりに効率化が必要ですからね。

研磨にモタついてるとそれだけ時間をロスしますから、

効率的にやらないと意味が無いです。

趣味用のCDを研磨するなら、説明書の通りで良いと思いますが。

 

 

だから、何か良い研磨方法は無いものかと、

色々情報を仕入れていく内に、

効率よく研磨する方法を見つける事が出来ました。

それは後日試してみたいと思います。

 

 

まぁ、今日は初研磨だし、効率云々は抜きにして、

そもそも道具の使い方が分かってませんから、

だから、まずは研磨してみようということで、研磨開始!

 

 

ちなみに、どんな風に研磨するのか?

って、言いますと。

 

 

荒削りの研磨パッドイエロー!

で、ガリガリッと表面をある程度平らにするような研磨を行って。

↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいキズ用の研磨パッドホワイト!

で、細かいキズを削って盤面を真っ平らにして。(キズなしの状態)

↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に仕上げのブルーパット!!

こいつを使って盤面に残っている研磨剤を取り除いて

ピカピカにするという感じの手順となります。

↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構、このSIMO-R1クセが強くて

なかなか正常に動いてくれなくて壊れてるんじゃね?

 

 

と、勘違いしましたが、試行錯誤してる内に使い方が分かってきまして、

なんとかプレミアDVDを研磨することが出来ました。

 

 

しかし、実際研磨して思ったことですが、

これは完全に効率化必須ですね。

キズがあるたびにイチイチ研磨していたら、

逆に時間効率的に損しそうな感じがします。

 

 

まぁ、その辺の効率化も今回研磨してみて、

いくつかの案は出来てきましたので、

機会を改めてまた記事にしたいと思います。

 

 

ちなみに、研磨したプレミアDVD

ちゃんと研磨できたの?って、お話ですが、

 

 

これはヤバイぐらいピカピカになりました。

キズとか完・全・消・滅!!って感じです。(笑)

ブックレットの状態さえ良ければ、ケース交換して、

ほぼ新品で出せるレベルですね。

購入して良かったと思いました。^^;

 

 

キズものを気にする事無く仕入れたいという方は、

導入を検討してみるのも良いかもしれませんね。

↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに僕はこのサイトで購入しました。

本当はAmazonで購入したかったのですが、楽天の方が安い場合は楽天ですね。

↓ ↓

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

 

 

タグ

2012年11月4日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:自宅編

せどりの出品用のバーコードリーダー

今回は私が使用しているバーコードリーダーを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

下記のAmazonの商品ページから注文したのですが、

上記の写真で送られてきたのが現物になります。

ビジコム CCDバーコードリーダー 簡単USB接続 BC-PS800-U

 

 

何故、このバーコードリーダーにしたのかというと、

Amazonの検索で「バーコードリーダー」で検索して、

最初に表示されたもので、

かつレビューが幾つか付いていて、評価が星5一番安かったから。

 

 

と、いう単純な理由でした。

我ながら適当です。^^;

 

 

せっかくなので使用感を紹介します。

 

 

使用するときは、バーコードリーダーに付いているボタンを押します。

 

 

 

 

 

 

 

このボタンを押した後に、赤いビームが出ますので、

よくコンビニとかで見るのと同じようにピッとやれば

13桁のコードが一瞬で入力可能です。

どうでもいいですが、コンビニ経験ないので少し新鮮でした。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

私は出品時は出品君という無料ツールを使って出品しているのですが、

この、出品君はバーコードリーダーに対応しています。

 

 

その為、ピッとやったら即検索をしてくれます。

バーコードリーダーに対応していなかったら、

ピッとやった後に検索ボタンを押さなければいけません。

 

 

たったのワンアクションなのですが、

本を出品するときは40も50ぐらい纏めて出品するので、

わざわざ検索キーを押さないと検索してきてくれないのと、

検索キー押さなくても検索してくれるものでは結構差があります。

 

 

もし、良かったら以下に出品君のURLを乗せておきますので、

調べてみてください。^^

http://www.amts.jp/products/shuppin-kun/

 

タグ

2011年9月8日 | コメント/トラックバック(9) |

カテゴリー:自宅編

せどりで使用するシールはがし

さて、今回は何の変哲もないシールはがしです。

私はシールはがしには、「ジッポオイル」と「100円ショップで売っていたもの」を使っています。

ジッポオイルはゴミ捨て場から拾ってきたやつで(オイ!)

シールはがしは105円で買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に画像の左のシール剥がしに付属している「ヘラ」があるのですが、

これ凄く便利です。

 

 

せどり開始で、2ヵ月目の癖に今まで爪で剥がしていたのですが、

このヘラつかったら目に見えてシール取りの作業が効率化されました。

何でもっと早く購入しなかったのかと自分を少し呪いました。

 

 

基本的にブックオフのシールはあまり粘着性がないので、基本的にジッポオイルは使いません。

粘着が多かったりする場合に初めてジッポオイルを使い、ヘラで剥がして布で本をクリーニングする感じです。

 

 

このヘラがついているシールはがし、100円ショップで「シールはがし」ありませんか?

って、店員さんに聞いたら紹介されたので、興味のある方は探してみても良いかもしれません。

 

タグ

2011年8月8日 | コメント/トラックバック(6) |

カテゴリー:自宅編

このページの先頭へ