せどり初心者の頃にやらかした、ひどい仕入れ

今日こんな商品が売れました。

 

ギャラクシーエンジェル オープニング・テーマ ~ エンジェル★うっきー!

 

100円仕入れ→1000円で販売。

 

 

ギャラクシーエンジェルのCDになります。

このアニメは見てみると分かるのですが、

 

 

良い意味でのおバカギャグアニメです。^^;

僕はこういったおバカなノリのアニメが好きです。

 

 

今だとミルキィホームズっていうのも流行っていますが、

こういうアニメは結構見ます。

 

 

まぁ、忙しくてほとんどご無沙汰ですが。^^;

 

 

昔、結構ヒットしたアニメなので、

新品の需要も充分予測できましたので、

普通に仕入れて売れました。^^

 

 

ゲーム版はシリアス展開みたいですが、想像できないですね。^^;

 

 

本題

僕は今でこそせどりの仕入スキルも

少々上がってきているのですが・・・。

 

 

当たり前ですが、

誰にだって初心者の頃はあります。

当然、僕にもありました。

 

 

初心者の頃は失敗することが多いです。

今日は僕が初心者の頃にやってしまった、

ひどい仕入を紹介します。

 

 

と、言うことで、紹介。

↓  ↓

一般用医薬品集―添付文書要約〈1988〉

 

 

 

 

 

Amazonのリンク

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4840710090

 

 

ちなみに150円で仕入でした。

さて、この仕入のどこがダメダメか分かりますか?

 

 

もし、分からない方は、

ちょっと考えてみてくださいね。

しばらく考え時間ということで行間開けます。

 

 

…。

 

 

……。

 

 

………。

 

 

終わりです。

 

 

分かりました?

 

 

では答えになりますが、

答えは「1988年」の「医薬品」の「資料」ですね。

 

 

1988年ということは今から24年前です。

 

 

僕は、24年前の医薬品の資料をせどってしまったんですね。

 

 

僕は医薬品の事とか、詳しいことはわかりませんが、

24年前の医薬品の資料なんて・・・。

 

 

欲しい人いるとおもいます?

 

 

パソコンで例えるなら、

今時Celelon400MHzを欲しがるレベルです。

↑ ↑

(僕が13年以上前に初めて買ったパソコンのCPU(笑))

 

 

 

ちなみにこれ、何で仕入れたのかというと・・・。

 

 

検索した時、他者出品が無かったんですね。

 

 

他者出品がない→俺様価格で出品ができる!!

 

 

と、言う短絡的思考での仕入。

しかも、ランキング。レビュー無しという有様。

 

 

こんなに悪条件揃いまくりなのに、

初心者の若かりし?頃の僕は

ウキウキとしてレジに持っていきました。(笑)

 

 

うへへ、これ売れたら1万の利益や~。

って。^^;

しかも、根拠無さすぎの俺様価格設定。

(実際、19800円で出品してました。)

 

 

ちなみにこの仕入は僕のせどり活動の中で、

ベストオブひどい仕入ノミネートされています。(当人比)

いや、出品もですね。

 

 

これはひどい。

 

 

で、この商品が今はどうなったかというと・・・。

他者出品がほとんどされず、

ずーっと高値を維持しておりますが、

一向に売れる気配がなく、本棚の在庫の肥やしになっています。

 

 

ま、当然売れませんね。

 

 

もう、望み薄いというか無いし、

記事にもしたかったので、出品を取消ました。

 

 

この仕入の最大の反省点としては、

そもそも、せどりの眼の

仕入基準に満たしていないというのもあるのですが・・・。

 

 

もっと悪いことは、

俺様価格で出せるという思考が邪魔をして。

 

 

買ってくれるお客さんが 

全然イメージ出来ていなかったんですよね。

 

 

1988年の医薬品の資料なんて、

誰もいらないでしょ、常識的に考えて・・・。

 

 

でも、高く売れるかも?

と、言った思考が邪魔をして、

こんな単純な事も考えられなかったんですね。

 

 

そんな初心者の頃から紆余曲折を経て、

僕は中堅ぐらいのせどらーになりましたが、

 

 

最近は僕は仕入れる時は・・・。

この商品はどんなお客さんに買って貰いたいのか?

を、常にイメージするようになりました。

 

 

何せ、せどりは最終的にはお客さんに

物を売る商売ですから、

購入してくれるお客さんのことを考えるのは絶対に必要です。

 

 

せどりをして本当に思ったことは、

こういったお客さんの事を考える力が付くということです。

 

 

せどりはインターネットビジネスの登竜門だ。

と、言われていますが、本当にその通りだと僕は思います。

 

 

せどりは泥臭い作業ですが、

顔の見えないお客さんを相手に商売することで、

他のインターネットビジネスをする上で必要なことを、

沢山学べると思うんですね。

僕みたいに接客したことない人は特に。

 

 

インターネットビジネスをやるなら、

まずはせどりで下積みをしたほうが全然良い。

 

 

と、僕はせどりをやって確信しました。

元々センスがある人なら、別ですが。

僕はセンスないですからね。^^;

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

 

タグ

2012年1月27日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:失敗話

PPCアフィリエイトという失敗の歴史、そしてノウハウコレクターへ

先日の記事で私の今まで行ってきた

インターネットビジネスの内容と考えについてまとめてみます。

と、記事にしました。

 

 

私はせどりを始める前は

PPCアフィリエイトというものをやっていたのですが、

完全に失敗の黒歴史です。それを、今回ご紹介します。

 

 

それではお見せしましょう!!

私の失敗の黒歴史のすべてを!!

私が購入した情報商材のリストです・・・。

(全実話、クリックで拡大。ただし、商材名は伏せています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PPCアフィリエイトに関連するノウハウ教材をこれだけ買いました。

全部まとめて274,310円!!

 

 

う~ん、改めて見返すとひどい額だわ。

さっき計算機で足していたんだけど、足すたびに悲しくなった。

PPCのノウハウは全てわがharaのコレクションに。

 

 

俗に言うノウハウコレクターというやつです、

結果出ない→教材が合わない&悪いんだ→

次の教材を買う→無限ループという罠

 

 

で、勿論結果なんてほとんど出てませんよ。

教材代を加えず、純粋なPPCアフィリエイト単体だったら、

わ~ずかに利益は出ましたけどね・・・。

まぁ、もう辞めましたけど、、、1年ぐらい前に。

ははは。

 

 

あ、私のこと今、アホだとか思いました?

いやね。こういう人結構いるんですよ。

本当にびっくりするぐらい!!

まじでまじで、いやまじで。まじでまじで。いやまじで。

 

 

閑話休題

 

 

私はこの「PPCアフィリエイト」を

最初のインターネットビジネスをするにあたり、

「せどり」をするか、「PPCアフィリエイト」するかの選択肢がありました。

 

 

最初に2つの手法を知っていたから選べたんですね。

で、私は「PPCアフィリエイト」を選択しました。

 

 

まず「せどり」じゃなくて「PPCアフィリエイト」を選択した理由。

それは・・・。

 

 

楽そうだったから。

です。

(楽しそうじゃないです、楽そうです。)

 

 

だってね、せどりって地味じゃないですか?

商品を店からシコシコ仕入れてシコシコ出品、

シコシコ発送しないといけないのに対して、

PPCアフィリエイトはサイト作ったら後はサイトが勝手に稼ぎ続けてくれる!!

じゃあ、楽そうなPPCアフィリエイトやろう!!でした。

↑上記の概念は既に跡形も無く吹っ飛ばされました↑

 

 

で、失敗した最大の原因なんですけど、

それは・・・。

楽しくなかったから。

 

 

なんですね。

楽しくないからマインドもないようなものだったし、

楽しくなかったから、全然お客さん目線じゃ無かったので、売れなかった。

 

 

私がPPCアフィリエイトで一番売ったのって、

ティファニーのネックレスなんですよ。

クリスマスシーズンでしたから、飛ぶように売れていきました。

 

 

あとは、そうですね・・・。

北の大地の天然のオリゴ糖とかいう健康商品とか、

あとは、ウォーターサーバー。高級時計(30万ぐらいの)とかも売りました。

 

 

でもね、

別に私はティファニーとか北の大地の天然のオリゴ糖とか

ウォーターサーバーとか高級時計に興味ないんです。

 

 

これらは売れたからまだいいんですけど、

作ったサイトの内、10個の内9個は売れませんでした。

 

 

私が実践していた手法は、

これらの興味ない世の中の商品の紹介ページを

10個も100個も1000個も作るって手法だったんですね。

10個作って1個あたったら、残り9個は破棄して1個残す、

それ繰り返すみたいな。

 

 

で、私は実際10個も100個も作りました。

1000個は作れ・・・なかったんですけど・・・。

300ぐらいは作ったかな・・・?

もう、忘れましたが・・・。

 

 

作っていた時は、

毎日会社行く2時間前に起きて、1日2、3個ぐらい作ってました。

1か月100サイト作るぞ~!

って目標立てて、エクセルで目標シート作って、

1日ノルマ3個、休みの日に10個とか目標立ててね。

 

 

でも、あまりにもつまらなかったから、

2か月ぐらい過ぎたらもう全身がサイト作成を拒否してましたね。

作れなくなりました。手が動かなさ過ぎて・・・。

心の底からつまんねーーー!!って悲鳴あげてた。

 

 

でも、もしかすると別の教材だと出来るかも

→買う→ちょっと見て実践しない→無限ループ

 

 

で、挫折。

インターネットビジネスで稼ぐのは諦めよう。

私には無理だ・・・。

 

 

その時はそう思いました。

 

 

ただね、私はプロフィールにも書いてるんですけど、

基本的にダメダメ社会人なんですね。

人としても結構ダメだけど・・・。

どうみても30代クビ確定コース。

多分、のほほんと勤めてたらそうなる。

 

 

だから、私はなんとかしないといけない理由があるんですね。

挫折したあとも、なんとかしなきゃな~ってずっとおもってました。

 

 

そして1年程の年月を経て「せどり」を始めました。

で、同時に平行して「ブログメルマガアフィリエイト」も始めました。

そして、「PPCアフィリエイト」→「せどり」とやってきて、

確信したことがあるんです。

もう繰り返し発言していますけど、それでも足りないぐらい。

 

 

それは次回の記事にします。

インターネットビジネスの内容と考えについてまとめてみますと、

言っておきながら内容だけになっちゃいましたね。^^;

 

 

P.S

次回記事更新しました。

こちらになります。

 

 

 

 

タグ


2011年11月30日 | コメント/トラックバック(17) |

カテゴリー:失敗話

せどった本が出品→暴落した後、価値が戻りました

出品後、あれよあれよと暴落し、

その後価値が元に戻ったケースを紹介します。

それがこの商品です。

 

ポール・リード・スミス −ギター・マガジン(DVD付き)

 

ポール・リード・スミスというギターメーカーのムックです。

ポール・リード・スミスで検索かけたら

30万とか40万とかする凄く高級なギターでした。

 

ちなみに、このムックは

仕入れ値が2000円で、販売額が2980円でした。

確かせどりを初めて1ヶ月目で仕入れたような記憶があります。

 

この値段差だけ見ると通常は仕入れないのですが、

携帯サーチ時には8400円ぐらい付いていた商品です。

他者出品も5~10の間だったように思えます。

 

で、昨日この商品の相場を確認したら

最低額が「可」の商品で7380円でした。

 

つまり、元々7000円程度の価値はあったわけで、

私はみすみすお宝本を安く売ってしまった。

と、いうことになります。--;

 

2980円まで下がった経緯は

価格改定ツールに任せて値段設定をしていた結果なのですが、

やはり安売りしたくない商品は下限価格をしっかり設定しておく!

 

これは結構重要な事じゃないでしょうか?

 

タグ

2011年9月7日 | コメント/トラックバック(6) |

カテゴリー:失敗話

このページの先頭へ