せどりの確定申告に行ってきました

さて、2月の中旬ということで確定申告シーズンが始まってしまいましたね。

みなさんは既に確定申告はお済みですか?

 

 

ちなみに僕は昨日確定申告を行ったのですが、

ようやく終わらせる事が出来ました!!(笑)

去年は3月ぐらいまで面倒臭かったので

3月ぐらいまでズルズルと引き延ばしていたのですが、

今年はなるべくサッサと終わらせる事にしました。

 

 

しかし、別に確定申告といっても普段からちゃんと帳簿を付けていますので

資料作成は全然面倒臭くなかったですね。

毎日ちゃんと付けていて良かったと思います。

 

 

帳簿付けはサボっているとこの時期はすごい苦労すると思います。

何せ1年分をまとめないといけないですからね。

昔の事なんて覚えていないし、思い出すだけで一苦労します。

僕も初めて申告したときはきちんと付けていなかったので

本当に目が回るぐらい苦労した覚えがあります。(笑)

 

 

でも、帳簿を普段から付けていると、資料作成は楽勝ですね。

 

 

僕は今年も青色申告で確定申告したのですが、

青色申告を行うには「決算書」と「申告書」の2つの資料が必要になりますが、

「決算書」は「やよいの青色申告」で

ボタン一発で出す事が可能ですし・・・。

 

 

「申告書」は控除用の資料をまとめて税務署に持っていけば、

作り方は手取り足取り教えて貰えます。

そして、分からなければ税務署行った方が早いです。

 

 

税務署って怖いイメージあるかもしれませんけど、

確定申告なら全然怖く無いですよ。

僕も最初行くときは凄い緊張したのですが

今年で3年目なので慣れてしまいましたし、

それに嫌な思いは一度もしたことありません。

中の人はめっちゃくちゃ丁寧です。

だから、気楽に行けばOKです。^^

 

 

僕は申告書の作り方がイマイチよく分からなかったので

税務署行って全部教えて貰いました。

 

 

以前勤めていた会社の給料の源泉徴収やら、

健康保険やら、社会保険やら、年金やら、医療やらのペラペラのハガキや紙切れを

全部まとめて封筒に入れて持って行って

「これどこに書けばいいんですか?」って聞きました。(笑)

 

 

自分で調べるよりこっちの方が全然楽ですし記入間違いも防げます。

記入漏れで余計に税金を多く納めちゃったとか勿体ないですからね。

 

 

だから、確定申告のやり方が良く分からないって人は、

素直に税務署に行った方がいいと思います。

ネットで調べると時間がかかってしまいますからね。

 

 

ただ、サラリーマンの人は注意した方が良いですね。

税務署って土日は基本的に閉館していて、

平日じゃないとまともに行く事が出来ないです。

 

 

確定申告シーズンだと土日でも開いている場合もありますが、

1日~2日しかやっていない所が多いので、

後回しにしていると確定申告出来なくなっちゃいます。

僕もサラリーマン時代の確定申告めっちゃ苦労しましたから。

 

 

ちなみに「e-tax」っていう自宅でも税金納められるソフトがありますけど、

あれはマジで使いにくいので辞めた方がいいです。

自動計算はしてくれないし、案内が超不親切!!!

頭に脳みそ付いてる人間が作ったとは思えないぐらいの出来の悪さ。

使い方を覚える「だけ」で普通に2日ぐらいかかってしまうと思います。

 

 

しかも、住基台帳カード&カードリーダーとか必要ですし、

それを取得するにも市役所に行かないといけなくて、

市役所もご存知の通り、土日はやってませんので、

それだったら直接税務署行った方がマシですね。

 

 

いずれにしても確定申告は早めの行動が基本だと思います。

特にサラリーマンの方だとギリギリで行うと作業手順が分からなくなって、

間に合わない!ということが起こってしまいがちですし、

これをやってしまうと後々もっと面倒な事になります。

充分気を付けてくださいね!!

 

 

あとは今年からガチでせどりで稼ごう!って思われてる方なら、

税務署に行くついでに青色申告の申請もしておいた方がいいですよ。

青色申告は申請しないと出来ないですし、

初年度を除いて申請は3月15日までしか出来ないですからね。

 

 

青色申告は税金本当に安くなります。

サラリーマンの方は尚更やっておくべきです。

 

 

何せサラリーマンの給料の上に「せどり」の収入が乗っかるので

累進課税で恐ろしい額を持って行かれますが、

青色申告をすると65万円も控除できるため、

普通に収める金額が6万~15ぐらい変わってきます。

だから絶対にやっておくべきですね。

 

 

青色申告って難しいって思われるかもしれませんけど、

覚えてしまえば簡単です。

僕は会計はド素人ですが使っていく内に覚えました。

 

 

何より、会計ソフトの使い方を覚えれば一生役に立ちます。

僕も使っている「やよいの青色申告」は本当にオススメです!!

 

やよいの青色申告 14 新消費税対応版
弥生 (2013-10-18)
売り上げランキング: 15

 

 

ちなみに先月も同じことを言いましたけど、

脱税だけはしない方が良いですよ・・・。

それで税務調査の対象になっても僕は知らないですからね。

 

 

帳簿とか付けてなかったら最悪ですね。

経費を証明するものがないから経費が認められず、

仕入れ代、梱包材、郵送代、その他経費一切関係なく、

純粋な「せどり」の売上に対して

税金を課せられてしまう可能性がありますし・・・。

 

 

そうなってしまったら、

せどりで稼いだ金額以上に税金を取られる事も普通にありえますよ

しかも、脱税だと複利が乗りますからね。借金した時の乗るアレです。

 

 

特に最近は「せどり」や「アフィリエイト」のような

ネットビジネスの脱税者が多いらしいので

税務調査の標的になりやすいみたいです。

 

 

何せアマゾンやヤフオクの入金額なんて履歴で一発でバレますからね。

ネットビジネス系の入金はガラス張りだと思った方がいいです。

データ化されていますので、競馬やパチンコで稼いだお金とは全然違うんですね。

 

 

あと、コレはとあるセミナーで聴いたお話なんですけど、

税務調査ってヤクザの方もビビるらしいです。

警察より怖いって言ってました。

 

 

曰く「警察はゴメンナサイしたら許して貰えるけど、

税務署の奴らは笑いながらも追及してきて、

金を取っていくから税務署の方が怖い」んだそうです。

 

 

あとは税務調査する人って高圧的な人が多いらしいです。

そりゃ人様からお金取っていく人ですからね・・・。

ヤクザもビビる税務調査・・・願わくば来ないで欲しいですね。

 

 

僕はその話を聞いた時に 、

毎日の帳簿付けやしっかりとした確定申告を行う必要があるなと、

改めて気づかされました。

 

 

もし、危機感が足りてない方はこれを読んでみてくださいね。

自分だけは大丈夫とか根拠のない事は思わない方が良いですよ。

↓ ↓


せどりに特化した税金セミナー

 

 

さて、長くなりましたが僕は今年も無事確定申告終了しました!

今年も頑張って稼いで行きたいと思います!!

 

 

 

タグ

2014年2月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:確定申告

せどりの税金対策の準備はしておきましょう

さて、2014年が開始されて間もありませんが、

今年から1つ注意しないといけない事は税金関係です。

 

 

今年(2014年)からは白色申告に改正が加わったのはご存知でしょうか?

今年から白色申告だったとしても、事業所得、不動産所得で申告する場合は

記帳の義務化が始まりましたので注意しましょう。

↓ ↓

http://diamond.jp/articles/-/28004

 

 

ただ、ここで一つポイントになってくるのが、

事業所得、不動産所得で申告する場合は記帳の義務化が

必要になってくるという話ですので、

雑所得で申告する場合は記帳の義務は一応無いそうですので、

間違った情報に惑わされないように注意しましょう。

↓ ↓

http://tax.f-blog.org/white/Shiroiro-Hozon.html

 

 

しかし、個人的な意見を言わせて頂くのであれば、

せっかくなら青色申告にした方が良いと思います。

65万円の控除を受けられますし、

本当にビックリするほど税金安くなりますんで、

やらない理由ってあんまりないと思うんですよね。

 

 

青色申告って複式簿記や発生主義での

記帳が必要で結構ややこしいのですが・・・。

 

 

やよいの青色申告のような会計ソフトを使えば、

最初は扱いが難しいかもしれませんが、

簡単に複式簿記が付けれるようになりますし、

慣れてしまうと自分でExcelとかに記帳するより

はるかに手間が少なく記帳出来るし、

細かく分析が出来るので使えるようになって損は無いと思います。

 

 

ちなみに僕は会計ソフトを使うようになるまで会計の知識なんて全く無くて、

複式簿記って何?発生主義って何?ってぐらいで、

今でもよくわかってないのですが、

会計ソフトを使っての記帳ぐらいは出来るようになりました。

 

 

ただ、リアルな会計帳に付けろと言われると多分無理です。

意味分かりません。(笑)

と、こんな程度の知識でも会計ソフトは使えるようになりますので、

会計知識が無くても全く大丈夫だと思います。

 

 

なので、今年からせどりを本格的に始めるぞ!!

って気合い充分の方は、せっかくの年始の機会ですから

心機一転で会計ソフトを導入される事をオススメします。

これを使えるようになるとExcelとかで記帳する事が非効率すぎて、

本当にバカらしくなりますからね。

 

 

個人的にはやよいの青色申告オススメです。

ちょっとサポートセンターの対応が悪かったのですが、

それ以外に2年使って不都合感じていないので、良い感じです。

 

やよいの青色申告 14 新消費税対応版
弥生 (2013-10-18)
売り上げランキング: 15

 

 

また、白色申告だとしても、

やよいの白色申告オンラインのような記帳サービスが始まりましたので、

こういうのを利用してみるのも良いかもしれませんね。

2014年内であれば無料で利用出来ますので、

こういったサービスを利用されてみるのも良いでしょう。

↓ ↓

http://www.yayoi-kk.co.jp/yayoionline/shiroiro/index.html

 

 

ちなみにこんな事する人っていないと思いますが、

脱税はマジで辞めた方がいいですよ??

あんまり儲かってないから無申告とか、(もちろん申告の義務が無い方は除く)

はっきり言って日本人の選択肢としてありえないと思います!!

普通に刑罰対象になりますからね。

 

 

僕は以前、月商100万円ぐらいのせどりの方に、

1回どうやって税金納めているのか?を知りたくて質問してみたのですが、

税金??納めてないですよ??みたいなトンデモ発言を聞いた事があるのですが、

正直ありえないと思いました。

 

 

あわよくば税金は納めなくても良いとか思っている方は、

一度このレターでも1回見ておいて肝を冷やした方がいいですね。

こんな事も言われないと分からない人が居る事、自体がビックリです。

税金を納めるのは当たり前の事なんで!!

↓ ↓


せどりに特化した税金セミナー

 

 

税金って納めてないと納めていない期間分に福利が載っちゃうんですよね?

納めていない税金を複利で膨らんで膨らんで膨らみきった所でドカンと来られる!

なんて可能性も充分にありますので、

そうなったらマジで笑えないと思いますので注意しましょう。^^;

 

 

 

タグ

2014年1月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどりニュース

せどりの確定申告で経費に対してオススメの書籍

こんばんは、東京2週連続出張が終わりましたharaです。

今週末に戻ってまいりました。記事を書くのは2週間ぶりですね。

仕事が忙しくて記事更新ができずに申し訳ないです。^^;

 

 

ちなみに前回は東京出張なんて行きたくないよー!!

と、嘆いていたのですが、それでも東京に滞在という、

あまり普段出来ないことが出来ているわけですから、

それはそれ、これはこれで楽しんでおりました。(笑)

 

 

例えば、仲良くさせて頂いている、

東京のせどらーさんにお会いしたりとかですね

秋葉原や新宿の居酒屋で楽しくお話しておりました。^^;

 

 

しかし、共通の話題があると話が尽きないですね。^^;

会って話したと思ったら、アッと言う間に終電になります。(笑)

危うく終電を逃しそうになることも多々あり、

非常に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 

 

 

ちなみに今は納税関係の作業に追われております。

明日は有給休暇を頂きましたので、

納税準備として、お役所周りをする予定です。

 

 

また次回辺りに詳しく記事にする予定ですが、

一つは住民基本台帳カードというものの作成ですね。

 

 

これは何をするものか?

と、言いますと要はネットで税金を申告するe-taxという

システムを利用する際に必要になってきますので、

まずはこれを取得する予定です。

 

 

ちなみにe-taxを利用される場合は、

住民基本台帳カードに加え、

このようなICカードリーダーが必要になりますので、

ネットで確定申告を行われる場合は、予め用意しておいた方が良いと思います。

↓ ↓

P1000199

 

 

 

 

 

 

 

実は、あともう一つやることがあるのですが、

それはまた追々記事にさせて頂きますね!

 

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、本日のお題です。

前回の記事では税金の無申告に対する怖さを

記事にさせて頂きました。

 

 

念のために繰り返しますが、

税金の無申告というのは本当に辞めた方が良いです。

何せ、万が一税調査が入ってしまった場合に、

やりたい放題されてしまいますからね。

何せ、経費等を一切証明できないですからね。

 

 

もし、前回の記事をご覧になられていない場合は、

是非、見ておいてください。

↓ ↓

せどりの確定申告は無申告でバレる?バレない?

 

 

ちなみに税調査が入った時の何が一番怖いのか?

というと「重加算脱」というものが一番怖いです。

これ来ると一貫の終わりです。

 

 

では、どう怖いのか?

と、言いますと脱税した額に対して、

複利が乗ってしまうことです。

 

 

複利って分かりますよね?

放っておくと雪だるま式に金額が増えていってしまうアレです。

 

 

漫画で分かりやすく例えると、30万の借金を肩代わりした男が、

借金を返そうと思ったものの、実は月利20%の複利が14回重った結果、

30万の借金が385万円になって、

船の上でまさかのジャンケン大会をやるハメになった、最大の原因ですね。

(ざわ・・・ざわ・・・)

 

 

30万円の借金が385万円に膨れ上がってしまう、

恐ろしい複利というシステム。ガクガクブルブル。((((;゚Д゚))))

 

 

で、その複利重加算税の何が関連しているのか?

と、言いますと。

 

 

税務署に「お前税金これだけ申告してないだろ!」と、

指摘された金額というのは、払わなかった期間分、

複利が乗ってしまうんですよね。

 

 

重加算税にはキツイ複利が乗るんです。

具体的に言うと最大7年で、年間で最大で14.6%

 

 

更に重加算税は最大40%

追徴課税されてしまいますので・・・。

 

 

仮に100万円の脱税が無申告で発覚し、

重加算税が課せられたとなると、

100万円に更に40%が乗り、更に7年複利が乗ると、

363万円まで膨らみます。

(注:ざっくり計算です。本来は細かい計算が入り少なくはなります。)

 

 

100万円脱税すると、

最大で363万まで膨らんでしまう重加算税

 

 

まさにリアルカ○ジ状態になります。(ざわ・・・ざわ・・・。)

 

 

そして無申告帳簿等付けてないとなると、

前回記事もお話させて頂いた通り、経費が認められないため、

売上に対して喰らう可能性もありますね。

ガクガクブルブル。((((;゚Д゚))))

 

 

しかも、重加算税というのは犯罪扱いなので、

前科も付いてしまうというステキなオマケ付き♪

 

 

要は、脱税というのはこれぐらいの危険性があるという、

認識はしておいた方が良いです。

 

 

だから、絶対申告した方がいいですよ!

無申告は本当にもっての他ですからね。

 

 

 

と、ここまで机上で最悪の事態を想定して、

書いてきましたが、実際にこうなる可能性はほぼないはずです。

あくまで机上で計算したらそうなるよってだけの話ですし、

そもそも重加算税って相当悪い事をしないと課せられないですから。

 

 

ただ、無申告って悪い事ですから、

重加算税扱いにされる可能性はゼロではありません。

それに脱税行為の怖さというものは充分にお伝えできたと思います。

前科とか普通に付いてしまいますからね。^^;

 

 

ただ、ちゃんと確定申告しておけば、

そういった事態は防げるんですよね。

 

 

これだけ売上ありました、経費かかりました、利益でました。

だから、これだけ税金としてお納めします。

このように当たり前の事を当たり前にやっておけば、

上記のような事は発生しないんですよ。

 

 

ただ、税関係になると普段やっていないことをやることになるからか?

多くの方が警戒して凄い慎重になられてしまうんですよね。

 

 

例えば、本当は経費として計上してはいけないものを、

経費に計上してしまって、それを税務署に指摘されたら、

凄く重い追徴課税を掛けられてしまうのではないか?

と、心配してしまったりとかですね。

 

 

でも、そんな事はありえないんですよ!

何せ、こういった帳簿関係の付け方ってみんなバラバラですから、

自分は良いと思ったけど、税務所側からすると、

実はダメだったという認識違い普通にある話なんですよ。

 

 

高々、1万2万円程度の認識違いがあったとしても、

それが原因で凄く重い罪とか罰金とか被せられるとかはないですよ。

そんな事で逮捕とかされたら誰も事業なんて起こさなくなります!

 

 

だから、無申告ってのは本当に論外なんですけど、

凄く悪い言い方しますと、

やることやっていたら多少はいい加減でも許されるんですよ。

 

 

でも、それでも多くの方が心配してしまうのって、

税関係の解説サイトとか出版されている本が、

悪い意味でお硬い本ばっかりなんですよね。

 

 

■ここはこうやるべきです!

■こうしないといけません!

■ちゃんとやれ、厳格にやれ、きちっとしましょう!

■ちゃんとしないと痛い目を見るのは自分です。(キリッ)

 

 

とかね。

僕そういうのって嫌いなんですよ。

ちゃんと出来るならどこまでもちゃんとしましょうみたいなノリは。

元々自分が頭あんまり良くないというのもありますけど・・・。

 

 

だってめんどくさいじゃないですか!?

 

 

それに実際、重箱の隅をつつかれないぐらい、

丁寧に厳格にきちっとやった所で得られるものは少ないはずです。

 

 

せどりだってそうですよ?

購入してきた本は全て隅々まで綺麗にクリーニングした方が良いに決まってます。

でも、しませんよね?

 

 

本当に汚かったらクリーニングするけど、

あんまり汚くなかったら、クリーニングなんてしないはずです。

他の方は分かりませんが、少なくても僕はそう。

 

 

それは何故か?というと、

あんまり汚くない本をクリーニングする手間は割に合わないからです。

多くの方が実践していく内に、自分自身で作った基準と、

合理性にしたがって行動するハズです。

 

 

そして、あんまり汚くない本をクリーニングしなかったからといって、

クレームに発展することなんて、まずないはずです。

せどりの方はそれを知っているはずです。

 

 

話が少し脱線しましたが、税もそんな感じでOKなんですよ。

無申告だったり、所得隠しをしたり、経費をでっちあげたり、

そんな事をしなければ大事にはなりません、

やることやっておけ多少はいい加減でも大丈夫。

 

 

そんな事を伝えてくれる良書があるんですよ。

今日はそれをお伝えしたかったです。それがこの本です。

 

 

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

↓ ↓

 

 

きたみりゅうじ」さんという昔はITエンジニア

今はフリーライター&イラストレーターという

コン○ット越前(超失礼)みたいな経歴を持つ方が、

「確定申告」と「節税」について作成された本なのですが、

これが本当に良い本なんですよね。

 

 

特に経費の考え方とかは非常に参考になります。

 

 

例えばこの本だと経費はとりあえずドカドカ乗っけてしまえ!

仮に税調査が入って認められなかったとしても結果として節税になるよ!

別にそれが原因で大事になりゃしないよ!

って書かれているんですよね。

 

 

ダメって言われたら修正したらいいし、

ダメって言われるのを恐れて経費として計上しないのは勿体ない。

じゃあ、ドカドカ乗っけてしまえ、ダメって言われたらその時はその時。

 

 

みたいなノリです。

実践的で参考になりますよ。^^;

 

 

結構お遊びが入っている本なので、

「面白おかしく的なノリの対談形式」での進行と、

適度に挿入されてい「4コマ漫画」があり、

楽しく見れて、分かりやすいのがポイントです。

 

 

僕はこのような分かりやすく伝えてくれる本って好きなんですよ。

分かり辛い事を分かり辛く説明する本なんて不要と思ってますからね。

だから、めっちゃオススメ。

 

 

ただ、欠点を言うと本当に税関係に関して知識が無ければ、

この本の内容は理解できないと思いますから、

見なくて良いと思います。

 

 

実際、 僕、この本の著者の「きたみりゅうじ」さんって、

同じITエンジニアで、昔から知っていてファンだったので、

この人が出した本なら~というのでかなり昔に購入しましたけど・・・。

 

 

その時は「せどり」とかやってなかったから、

当然、帳簿関係の知識とか全く無かったので、全く意味不明でしたからね。^^;

 

 

実は、この本は2005年に出版されたものですが、

ずっとロングセラーで売れ続けているんですよね。

そして今の時期は旬ですからかなり売れてるみたいですね。

 

 

お近くの本屋さんにも並んでいると思いますので、

興味があれば立ち読みでもOKなので、

是非、確認してみてください。^^

 

 

今日もご覧頂いてありがとうございました。

何か、不明な点がございましたら、メールなりコメントなりでご連絡ください。

それでは!

 

 

タグ

2013年2月3日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:確定申告

このページの先頭へ